新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

331Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
書けども書けども 猶わが記事のピック数増えざり ぢっとスマホを見る。

私、遅筆なんです。極度に書くの遅いんです。「大丈夫ですよ!」と言う編集菅原さんの言葉を信じ、軽いノリで始めた本連載でしたが、週1って結構大変じゃねーかということに、始まってから気づきました。大変じゃねーか!
「筆が進まない〜書くの疲れた〜」とぼやく度に、大室先生から「お前は昭和の文豪気取りか!」とツッコミを受け、推敲に悩みすぎて現実逃避にニュースをピックしまくった挙げ句、「いかんいかん、編集さんに原稿サボっていると思われる」と我に返ったりと、わけの分からないひとり相撲をとり続けた半年間でしたが、ようやくこれで終わりです。
当初は「1原稿3000字程度で3回」という話だったのですが、回を追うごとに文字数が増え、後半は5000字オーバー、回数も計24回に至りました。なげーよ。

50年後に読んでも意味がわかるよう、なるべく一般化、普遍化できることを書きたいという私の願望のままに書いたのですが、誰を対象にした内容なのかよく分からず、マーケティング的にはアウトかな〜と思いますし、掲載後に「これ、読んでおもろいんやろか?」と思ったことも一度や二度ではありませんが、多少なりとも面白がってくださる方がいらっしゃれば、これ幸いです。
今後も引き続き、マイペースでニュースはピックして参ります。

お読みいただいた皆様に改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。





これで終わったと思うなよー!
この連載、本当に素晴らしかった。同世代の経営者として、こんなに勉強し、思考し、実践している人がいるのだと驚嘆しました。

失礼ながらに言わせて貰えば、ミクシィを復活させた時も勢いとホームランで変化させたのだと勝手に考えていました。しかし裏には深い哲学と思考があったのだと考え直しました。失礼しました。

日本には社会のあるべき姿、深い思想を背景にした経営が減ってきているように思います。金融市場の圧力、グローバル競争の深化、見えない力への恐怖で深い思考を出来ない環境にある。それが揃っているネットビジネスのど真ん中にいて、この連載。面白いです。深い問いかけをした良い連載でした。ありがとうございました。
本連載は終わりでも、ぜひ来年も他のお題で、起業・コンサル・実務・研究(・競馬)を組み合わせてできる朝倉さんならではの連載が欲しい!
記事に沿って、論理的に「詰め」させていただくと…Independentになったときに特に事業を営む方々が手を差し伸べてくれたように、多くの方が朝倉さんの記事によって勇気づけられたり、示唆があったのではないかと思います。あえて最終回にそれを書かれたということは、そういった手を差し伸べる姿勢に朝倉さん自身が心意気を感じられていらっしゃるのではないかと思います。また朝倉さんが新しいチャレンジをするにおいて、「旗を上げて発信」をすることも、併せて記事にあるように重要でしょう。両方の為にも、是非Picksで引き続き連載をしていただきたく!
一ファンとしての心の底からの懇願でした。素晴らしい連載、ありがとうございました!
24回も書いたんですね。お疲れ様でした。
朝倉さんはたまたま大学のゼミの後輩で、彼が学生の時に会って以来リアルでお会いしておらず、むしろメディアからのイメージが先行しており、言葉悪く言えばたまたまモンストを当てた人、という印象でした。そういう中で、本連載を通じて、彼の思考の深さ、教養の広さ、哲学などを深く感じることができ、もちろん彼自身も言う通り最後は運もあったんだと思いますが、それを引き寄せるだけの周到な準備と、ぶれない哲学、嫌味にならない人柄などがあったんだな、と実際に会う以上に感じられた連載でした。
生い立ちやこれまでの経験を肥やしに大きくパワーアップしたんでしょうし、それでもまだまだ33歳。今は充電期間だと思いますが、今後のさらなる活躍が楽しみです!再度、お疲れ様でした
三ヶ月前は黒歴史っていいモットー。僕もそのスピード感で行きたい。
理知的な主張を楽しみました。勉強になりました。ありがとうございました。
この連載、好きでした。最後に「そもそも事をなすとは、誰かに頼まれてやることではないでしょう。誰からも頼まれもせず、指示されずとも、自分の内側からふつふつと沸き立つ熱意、やらずにはいられない衝動に突き動かされて取り組むものなのだと思います。」に対して、more than agree。
朝倉さん、お疲れ様でした!
ホラを吹くのと同じくらい、ノリが大事だと考えてます。まぁ、行こうぜというノリ。

私も文章を書く事が度々あるのですが、真面目に考える程、哲学的になっていきがちです。でも、朝倉さんの文章は、程よく哲学的で、手触り感も満載でしたね。

またの連載を楽しみにしてます!
最終回…毎週楽しみにしていただけに残念です…。いつか直接お話ししてみたいです…。

↓ 今、個人としていろんな方にインタビューさせてもらってますが、まさにこう感じています…
「また同時に、何から何まで自分の手でこなすということは、なりふり構わず周囲の人々の助けを乞わねばならないということも、思い知らされました。もともとIndependentになりたくて大組織を離れたはずなのに、気がつけば、どんどん周りの人たちにDependentになっている自分がいたのです。」

起業する際は↓ こう考えられるものを見つけ、
「本来のあるべき姿を想像し、現実とのギャップを「おかしい」と素直に捉える感受性を持つこと。そして「おかしい」と感じたことについて、愚直に「おかしい」と訴え、行動で人に呼びかけること。」

↓ これほどの気持ちが持てるものが良いのだろう…と感じました。
「誰から頼まれもせず、やめておけと言われても、振り切って挑むような心意気なくしては、事をなすことはできないのではないでしょうか。」
朝倉さん、お疲れさまでした!24回もの連載、すごすぎます。朝倉さんのクールさと暑苦しさ、論理と情のバランスがにじみ出る記事が書籍化されるのが楽しみです。私は結局記事を2本しか書いていませんが、『推敲に悩みすぎて現実逃避にニュースをピックしまくった挙げ句、「いかんいかん、編集さんに原稿サボっていると思われる」と我に返ったり』という部分が個人的にとても刺さりました。笑
この連載について
ミクシィ前社長・朝倉祐介が、起業論からリーダーシップ、組織論などについて、独自の視点で縦横無尽に語りつくす。