新着Pick
344Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は、エムスリーのことを知るために、より資料集的にまとめました。
記事下のリンクからスライドはダウンロードできますので、是非ご活用ください!
M3の由来は初めて知りました。他のネット企業と比べてユニークなのはやはりリアルの事業のウエートが大きい点。「プラットホーム派生事業」というネーミングながらすでにそちらの方が売り上げが大きい。その姿は「ITの力をもったPEファンド」と評する人もいます。
年表にあるように2010年頃からリアル展開をしてるわけですが、そのころは正直に言えば「まあ、お金もあるだろうし、シナジーなくてもM&Aすれば売り上げはとれ、オールドビジネスとのPERの差で時価総額を膨らませられるいわゆる時価総額経営なのかな」と思ってましたが、実際はデータの強みを活かした事業展開で、何より収益がしっかり出るモデルに仕立ててきており、自らの不明を恥じる次第です
人材面でもコンサルタントが転職しようとすると必ず上がってくるのがM3。業界出身者も多いと聞きます
M3がデータ・プラットフォームに着目した時期、海外展開に新モデルで展開した時期が2005年頃であるのは衝撃。大体の会社が2010年くらいから、これらのモデルに着目し始めたのに対し、5年は少なくとも早い。どれだけ、足元の潜在ニーズを感じ取れるのか?結果、それは先が見えているのか、が大事。

課題は分かれば解決できるが、課題に気づかなければ永遠に解決出来ない。
前にも書きましたが、EXILEを「ビジネス」としてみた場合、CDやコンサートよりジャージ販売の利益が圧倒的で、これを評して速水健朗氏は「歌って踊れるジャージ屋さん」と書いていましたが、これ「ファン(利用者)目線」と「ビジネス目線」での対比の分かりやすい例です(笑)。

利用者目線でm3はMR君がメイン。次にQOL君というイメージでしたが、QOL君はおろかMR君ですらもはやメインではないとは。驚きました。
6回目の「医者からみたm3」はそんなに分析的にならず、「普通に使っている医師からはこう見える」という感じで書いています。
売り上げ/純利益の成長、事業領域の拡大、海外展開のスピード、セグメント/地域別売上構成のバランス、全てにおいて非の打ち所がなく怖いほど。そりゃ、時価総額1兆円となりますね。
上場当時はもっとニッチなイメージで、そんなに大型化しなさそう、というイメージの人が多かったのでは。
まさかここまで多角化し、海外展開が上手くいくとは。
【エムスリー特集2回目】今回は躍進の15年史についてまとめました。本稿、最後までスクロールして頂き「ダウンロード」ボタンを押しますと、PDFファイルをダウンロードすることができます。保存版として是非、ご活用ください。
ソネットエムスリーが立ち上がる前から、結構な数の医師が会員登録したサービスをSo-net内に持っていて、そのプラットフォームをそのまま活用できたのが大きいです。当時マッキンゼーのコンサルとして入っていた谷村さんを中心に、このプラットフォームは使わない手はない、とソネットエムスリーとして独立。
もちろん目の付け所や事業運営の素晴らしさはあれど、個人的にはSo-netで、閉鎖的な医師たちから圧倒的な会員数をどう確保したのかが気になります。
2000年10月に「MR君」をローンチして半年後、翌年2001年4月には単月黒字化。たった半年で単月黒字化だなんて圧倒的すぎる。特に医療業界なんて時間がかかりそうなものなのに。
恐らくは、実際にサービス提供を開始するまでに相当な期間「潜りフェーズ」があったんだろうな。
その後も「医師向け×メディア」という軸足からは一切ぶらさずに、人材支援や開業支援などニーズの強いところを中心に矢継ぎ早に新サービスを展開。お手本のようなビジネスディベロップメントだけど、真似しようと思ってできるものでもない。
業界特化×メディア⇨プラットフォーム構築⇨データを活かした事業展開。このモデルは多いですが、うまくいってないケース多いです。

エムスリーの組織構造がどうなっているかが気になります。どこにスケールしたポイントがあったのかを掘り下げてみたいです!
この連載について
成熟した日本の中でも、既存の商習慣に縛られず、斬新なアイデアで頭角を現した企業がいる。そんな成長企業「グロース・カンパニー」の代表例として医療業界にイノベーションを起こしているのがエムスリーだ。細部を徹底取材し、成長の秘訣を探る。
エムスリー株式会社(英語: M3, Inc.)は、医療従事者を対象とした医療ポータルサイト「m3.com」のサービスを行っている企業である。ソニー株式会社の関係会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.90 兆円

業績