新着Pick
668Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
就職協定はとうになくなったはずなのに、いったいいつまで経団連はこの「解禁騒動」を繰り返して、学生を苦しめるのだろう。

リクルートスーツも、いまや学生は極力「悪目立ち」したくないからと、昔以上に「真っ黒」な葬式ばりのスーツ姿ばかり。それでいて会社に入った途端、「若いのに横並びだなぁ」「個性を発揮しろ」と要求する…もういいかげん、「いっせーのせ」でやめにして、「通年採用」を現実化しませんか?
大学生の視点から一言言わせていただくと、なぜこの意思決定の場に、もう一方の当事者である学生をいれないのですか?

振り回され続ける後輩たちが可哀想で仕方ない。
9月8日にコメントで書いたことと考えは変わっていないので、再掲します。

ちなみに、それ以降にわかったことは、中堅中小企業で内定辞退が続出して、結果的に採用できなかった企業/見つけれなかった学生が多数あったということでしょうか。

いやはや。。。

------------------------
個人の立場で思うところを書きますと。

 学生の就職活動は実質的には三年生のインターン探しから始まっており、大企業の採用活動を後ろ倒しにしようと、意識の高い学生を中心に三年生から就職活動的な何かをしているので、その層の学業にはあまりポジティブな影響がない。

 さらには大企業を中心に採用活動を後ろ倒しにしようと、意識の高い学生を中心に外資系などの指針を無視する企業を受け続けるのであまり意味がなく、逆にそうした学生が早期に外資系に取られてしまう状況で両損。

 そして、意識が低いというか目的意識の醸成されていない学生は、ブランド企業を受けまくる>落ちまくる>自分探しをする>自分とフィットのある企業をようやく受け始める。という時間のかかるプロセスが必要なので、8月開始では遅すぎて自分が見つからない。

 なので、いっそのこと指針撤廃が良いのではないでしょうかね。ここの企業が自由に決めればいい。
 むしろ三回生開始時点ですでに就職先が決まっているような学生だと、学びの意欲も定まっていいのでは?

 と個人的な勝手な思いつきを書きなぐっておきます。。。
週末、ゼミの後輩と話したら、6月でも8月でも、いずれにせよ就活次第なので夏休みの予定がたてられず、困るとのこと。確かに。一律の採用、やめれば解決するのか、分かりませんが、通年のオープン採用にすれば、じっくり勉強と就活ができるのに。あ、人事部が参るパターンか。
相変わらず何のための決まりなんだろうという感じはしますが、どうせ何をやっても早く動く会社はあるので、遅く設定するほど長期化するだけなので、昨年の8月のままにするよりはベターとは思います。来年は4月になるんでしょうかね 苦笑
6月にはやめるので、平日の夕方や土日に採用面接を行うなど、学業に支障が出ないよう配慮を求める規定を初めて盛り込んでいるとのことですが、誰のための、何のための採用活動なのでしょう?やはり、新卒も、中途もなく、全て自由でいいのではないでしょうか。
去年の時点で、「こんなのなし崩しでコロコロ変わるんだから、大学側でどうこう考えても無駄」と言っていた先生がいたが、ホントにそのとおりだなぁ。
僕は、卒業してから就活派です。大学卒業の要件を厳しくというのなら、就職の縛りのない状態での評価をさせてほしい。
こんなアホなこといつまで続ける気なんだろ。
経団連は終わっているね。

学生諸君へメッセージ(これは中身が投資と同じ)
①皆と横並び、人気企業にはいくな。我々の頃、人気だった電機がどうか!また皆がいくと人材の供給過剰になる。
②結局好きなことをやるしかない。30年後に何が流行るかわからない。
③3年は頑張る、10年位で世の中の流れがかわる。10年でダメなら再考すべき。
④今の、大企業や経営者の多くの成功は、戦後の高成長ゆえ。運。偶然。多く戦死して上がいなかったから出世した。インフラが戦争で破壊されたから業績が伸びた。米の庇護もあった。かなり特殊な時代。ゆえに、あまり参考にならない。そういうことを解らずに自慢している経営トップの本や、ヨイショ経営学を読んでもダメ。
⑤経団連会社のタイタニックの船底で溺れるより、自分でボートを漕いだ方がいいかもしれない。
⑥人生100歳。これまでの60リタイヤ、悠々自適はむり、一杯、カネがあっても、まあ元気な80で無くなる、80まではたらくプランを。
8月開始の2016採用の振り返りがまだ十分でない(本当の「功罪の罪」の部分は、むしろこれかは明らかになっていくフェーズ)中、たった1年で変更する意思決定ができた点については、むしろ評価されるべきだと思う。
個人的には、本来自由な経済活動たる採用活動や就職活動を、「お上」(文科省や経団連)が決めることはもはや止めるべきだと思うものの、1953年〜1997年の就職協定、1997年〜の倫理憲章の歴史(そもそもなぜ、このような協定が生まれたのか?)を踏まえずに批判することはナンセンスだと思う。
仮に就活・採活を完全自由化・通年採用化した時に、どんな問題が起こりうるのかを考えた上で、あるべき形を模索していけたら良いな。

参考:「大卒採用に関する取り決め」の歴史を紐解く(学情)
http://service.gakujo.ne.jp/data/201309
新着記事一覧
【ホンダ フィット 新型】インテリアは“アイランドキッチン”…インテリアデザイナー[インタビュー]
レスポンス
2Picks

大学ランキング日本版「国際性」指標、トップは国際教養大 私学も健闘 英専門誌
財経新聞
2Picks

ユナイタスのコート【今日のいいもの】
GQ JAPAN
2Picks

恋人がいるあなたも、いないあなたも素晴らしい。自分を幸せにできるのは自分だけ。
ハフポスト日本版
2Picks

「自分の年金」は「自分で守る」しかない…年金を少しでも増やすための方法 篠原充彦(篠原FP事務所代表)
PHPオンライン 衆知|PHP研究所
2Picks

ファンプレックス、『NARUTO -ナルト- 忍コレクション 疾風乱舞』で「春の!忍育成強化キャンペーン」を開催
Social Game Info
2Picks

「学校へ行きたくないときは僕にも」坂上忍が不登校の子に語った本音 - 不登校新聞
BLOGOS - 最新記事
3Picks

乾燥した肌をリカバーさせるために「長時間のシートマスク」はなぜ逆効果か - 使用後の再保湿が必須な理由とは
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
2Picks

【自分年金4】株価下落で「量」が買える。将来不安に備えるiDeCo・つみたてNISAでの資産づくりは今が始め時
Business Insider Japan
2Picks

教員全員が現役実務家の新学部誕生へ。Yahoo!アカデミア伊藤学長が目指す教育とは?
Business Insider Japan
2Picks