新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

56Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本企業のプレゼンを聞いていると、妙に「日本発の」というフレーズが目につくように思います。けれども「カナダ発」や「インド発」、「台湾発」という背景を謳うプレゼンをシリコンバレーのスタートアップからは聞いたことがありません。

結局、顧客にとって意味があるかに尽きるんじゃないでしょうか。「日本発」がもしもブランドとして機能するのであれば、大いに使えばいい。和牛を売るのなら、日本産であることを主張した方がいいでしょう。
もし日本発であることがブランドとして機能しないのであれば、それは顧客にとってどうでもいい供給側のエゴを押し付けているだけでしょう。
本気で「日本のため」と思うのであれば、それは自分の胸の内に秘めておけばよいこと。わざわざ顧客相手に国士を気取る必要もないと思います。
全く日本のために働く必要はないでしょう。日本人としてのプライドは重要だと思うけど。
日本のために頑張る必要はないが、自由貿易協定、関税交渉、特許の国際枠組み、国家レベルのプロジェクトなどは日本政府のお陰でできているのだし、(多国籍企業は日本のお陰というよりは日本も含めた各国政府のお陰)株式会社設立の歴史そのものが国家プロジェクトに起源があるのだから、どこまでいっても国家と企業は持ちつ持たれつにすぎない。
もし国家という意味ではなく漠然と「日本のため」といっているなら、範囲が広すぎて意味がわからない。
あれだけ、米国は東海岸のエスタブリッシュと西海岸のイノベーターと分けて議論されるが、米国政府が打ち出してきた政策は未来を語っていることが多い。

オバマ政権では、グリーンニューディール政策しかり、製造業復活でメーカーズしかりだ。政策は、東海岸も西海岸もまとめて先端領域を捉えている。

企業が日本のために活動するかは、ケースバイケースだが、少なくとも国の政策は、事業経営で見えてきた未来を踏まえて作るしかない。だから、日本企業が頑張る事は、結果日本社会のためにも大事なのだ。