新着Pick
1454Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
作品の質とファンとのコミュニケーションの両方をやるには、チームを作るしかない。サザビーリーグやチームラボが、社名でチームの重要性を伝えているのには、先見の明を感じる。
「親近感」という観点は面白いですね。
たとえば集合写真を受け取った時に、誰でも真っ先に目が行くのは自分の姿でしょう。誰だって自分が大好きです。どれだけ読み手に近いものを見せるか、近いように演出するかということなんでしょうね。
佐渡島さんの記事、5日連続無料公開は贅沢~。これは是非見るべき。佐渡島さんとはマザーハウスカレッジで対談したが、まさに「Warm Heart, Cool Head(熱い情熱と冷静な思考)」の人。作家さんに対する熱い気持ちを持ちながらも、その価値をバリューに変えることに執念を燃やしている。

その際に印象的だった言葉が、「人の心が動いた分だけ、お金が動かないといけない。」と言うことだった。ここにもある通り、どんなに質的に素晴らしいものをつくっても(心が動いても)、そこでビジネスにならなければ(お金が動かなければ)意味がない。

この回も早速印象的な言葉を残している。〈親近感×質の絶対値〉。受け取るプロダクトの質だけでなく、受け取り方が重要、要するにコミュニケーションが重要なことを示していると思う。質の絶対値に掛け算になるものは、戦略によっても異なると思うが、コミュニケーションが重要であることは間違いない。是非この連続記事は読んでもらって、本も読んで欲しい。
雑誌が一方通行であるのに対し、SNSはインタラクティブ(双方向性)を持っています。
内容の「面白さ」という同じ土俵では戦えないと考えています。
全然面白くなくとも、「お付き合い」や「仲間はずれにされないため」にSNSに時間を割いている人がとても多いのではないでしょうか?
雑誌を読んでも読まなくとも他人には関係ありませんが、SNSに反応するか否かは人間関係に大きな影響を与えそうです。
佐渡島さんは、人がなんとなく感じていることを、言語化するのが飛び抜けてうまい。

「親近感」が大事なのだとすれば、メディアがイベントなどをして読者と接するのは、単体では収益は上がらないとしても、トータルでみるとプラスが大きいと言えそうですね。
質×親近感=面白さ(面積)

でも、親近感は関連人数が増えると低下する。希少性を売るブランド品のようなもの。
では、関連人数を増やしつつも、親近感を増すにはどうするのか?
SNSなどを通じ、顧客との接点回数を増やすとかで、関係性の糸を強めていく。

次の話の展開楽しみですね。
「質×親近感」は興味深い考え方。記事の図から少し考えを膨らませると、ソーシャルマーケが重要なのは、Aという質は高いが親近感がないものに対して、ソーシャルで口コミを喚起することによって親近感が湧くと、効果が出てくるのだと思う(=掛け算)。一方で、諸刃の剣でもあって、その口コミがネガティブなものであれば、それが拡散される。それはPicksでも見受けられることだと思い、信頼しているPickerの記事やコメントは、どうしてもバイアスを持って見ている現実はあるだろう。
「質」は価値感・趣向も含まれるので、自分が高いと思っているモノが必ずしも高いモノではない。また、企業側が個人と同じレベルの「親近感」のポジションにはなれない。それら踏まえて個人的には、質は妥協せず、その質を伝える努力をして親近感を担保出来る個人からの信頼を以下に勝ち取るかが、コンテンツを作る企業側としては重要なのではないかと思う。質を追うことが、正比例で効果につながるわけではない現実も見つつ、でも質を閾値を超えて妥協すれば、それはソーシャルで増幅されて、今まで以上にマイナスで返ってくると思う。
佐渡島さんは東大の同学年ということで、全く面識がないのですが、なぜか親近感があります。ここでの理論で言うと、それだけでこの記事の僕にとっての価値は何倍かアップしてるんですね。
大学の研究も、いくら質が高くても世間的に広がらない研究もあれば、新規性はそんなにないのに、ものすごくウケる研究もあります。学術的な面では、一般受けだけを目指すべきではないですが、ここでの議論はとても参考になりました。
マザーハウス山崎さんのPICKに注目。「人の心が・・・」の下り。本当にそう思う。売れなくなった業界、コスト高で本質的に需要旺盛なのに対して単価が上がらくなった業界これらの業界には必ず、作り手と消費者の間に何らかのシールドがある。このシールドは業界によってさまざま。業界や構造を変革していかなくてはならないと同時に、堀江さんがPICKしてるような、消費者と作り手のコミュニケーションをSNSとかで物理的にくっつけちゃうのも同時にやらないとね。ダイレクトにつながるのはマストだよね
ソシャゲやmixiが出てきた時にソーシャルの意味をたくさん考えたけど身近な人のコンテンツはプロに勝ってしまう。
もう一つはオンデマンドさ。いつでも見たい時に見れる。生活者はワガママになってきた。
この連載について
情報を先に集めて仮説を立てると新しいことはできない。先に大胆な仮説を立て、それを全力で実現していく。そうすることで革命は起こせるのだ。クリエイターのエージェント会社・コルク代表の佐渡島庸平氏が常に意識しているのが「仮説を先に立てる」ことだという。その思考に迫る。
株式会社講談社(こうだんしゃ、英称:Kodansha Ltd.)は、日本の総合出版社。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業。 ウィキペディア