新着Pick
150Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
将来的には、自動運転車の事故率は低いはずなので(そうでないとおかしい)、自動車保険の保険料は、保険数理上、大幅に下がるはず。逆に製造者の責任が問われるケースが増えることが予想され、PL保険(生産物賠償責任保険)の保険料は上がるはず。実際は、有人運転の自動車と混在し、かなり保険的には複雑になっていくんだろうと思う。
いいね。保険業界はチャレンジ精神はある
そのうち、自損して避けるか、相手に衝突して止まるか、はたまた相手を傷つけて自分は助かるか、の判断を瞬時に自分の車の人工知能が保険会社の人工知能やぶつかる相手の人工知能と相談して交渉し、その結果で行動を選ぶ時代になるのかもしれません。人工知能同士の対話の世界となると、さらに大きく世の中は変わりそうです。まだまだ先ですが。
自動運転については、事故が起きた場合、その責任の所在をどこに置くかが課題。オートクルーズの延長線上の自動運転ならばドライバーにあるのは違いないが、ドライバー不在の自動運転の場合どうなるのだろう。サービスの提供者か、製造者か。自動運転に合わせて自動車保険も多様化するだろう。保険ひとつとっても楽しい時代になってきた。
実験向けの損害保険という発想が面白いです。
企業の新規事業に失敗した時の保険も用意しましょう。下手なスタートアップイベントやるより良い事業と起業家が生まれると思います。
面白い。そうやって将来の保険商品の組成に繋げるのですね。
結果的に自動運転車の実験も促し、一石二鳥ですね(*^^*)
損保の収益のメインは未だに自動車保険ですからね。自動運転車を無視することはできないわけで、最初に商品を出すことが至上命題だったのでしょう。
すばらしく早い取り組み。
規制整備より先だった動きは珍しい。間違いなく自動運転車にとってプラスになるでしょう