新着Pick
272Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SAPの馬場さんが社内選抜され、アメリカ本社へ! まさに大リーグへの移籍のよう。配属されたのは新エリートが集う「デジタル変革」の部署。その日々をインタビューで描きます。
社内でもあんまり話してない ;-) ともあれ、スワッピングはアイディア出しの技術ではなく問題解決の手法。解けない問題の多くが解けるようになります。業界固有プロセスだけではなく、モノのサプライチェーンのように現金管理するとか、デジタルマーケティングのように人材採用するとか、商談管理のようにコスト管理をするとかそういう部門業務のスワッピングも使います。
ちょうど今日、SAPのパロアルトオフィスにお邪魔してきました。ERPと聞くと、かなりお堅いイメージがあったのですが(失礼!)、スタートアップさながらの、かなりオープンな雰囲気でした。
驚いたのは、SAPさんがデザインシンキングを標榜し出して10年も経たないということ。お取り組みを伺っていても、非常にこうした考え方が浸透しているように見受けられます。創業者が率先して浸透を図ったそうですが、やはり創業者が良い方向にリーダーシップを発揮すれば組織は変わり身が早いというのは、洋の東西を問わないようですね。

パロアルトのおしゃれなカフェ&コワーキングスペースのHanaHausも実はSAPが運営しているそうですが、それなりに社歴のある企業、しかも日本と共通点も多いドイツの企業でもそんな動きができるということは、シリコンバレーのスタートアップを研究するよりもよほど日本企業にとっては示唆に富むように思います。
異質なものを受け入れなければならないというのはすでにビジネスの常識となっていますが、実行している業界は実に少ないと感じます。
下手にシャッフルして壊れるのが怖いのでしょうね。
現時点で安泰であれば新しい試みをしないのが業界です。

ということで、日本の家電業界。
どの分野のやり方を移植すればいいのでしょう?
とても面白い。異なるものの組み合わせが新規性を生むのだという思考法は、非常にしっくりくるし、ある種定説だと思うのですが、それを社内のリソースで実際に実現できる形に落とし込むことが出来るってのはすごいことだなと。
ミッション・インポッシブルに似ているというのは卓抜な比喩。ビジネス界の海外組として、馬場さんにはぜひ活躍してほしいですね。
SAPの「グローバルタレントマネジメント」制度、素晴らしいですね。馬場さんが社内選抜されたとは嬉しい限り。ミッション・インポシブルばりにSAPジャパンからいろんな波を起こして頂きたいですね。
人事の意思決定が既存の枠をとらわれないこと大切ですね!
容赦なく優秀な人を引き抜いて、スペシャルチームをつくれる組織は強い。
普通だったら、この人はここで成果を上げているから、今の組織が崩れるから・・・と、よくわからん制約が出てくる。

関係ないですが、これからは横展開ではなくてインダストリー・スワッピングを使ってみようと思います。
まさに今起きている世界の地殻変動にフィットした組織ですね。これだけのノウハウの蓄積があるのは非常に素晴らしい。彼らの社内のノウハウの伝達や社内アーカイブの共有の仕方も是非取材してください!
インダストリースワッピングって、面白い言い方ですね。使わせていただきます。
この連載について
SAP社の日本法人副社長がスポーツにおけるテクノロジーを紹介
SAP SE(エスエイピー・エスイー:英語、エス・アーペー・エスエー:ドイツ語: SAP SE)は、ドイツ中西部にあるヴァルドルフに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社。 ウィキペディア

業績