新着Pick
282Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
んー、知らないうちにゼクシィから始まってると思うけど。リクルートゆりかごから墓場まで笑
連載、コメント側を楽しく読ませていただきました。

私個人としては社内の直接の利害関係は少ないサービスですが、社長の山口さんはじめ、プロピッカーの小宮山さん招聘など、教育を本気で変えようとしている部隊、というイメージです。
きっと「今のまま」で終わることなく、サービスの最終形態はまだまだ先にある、とリクルートのサービスだから、そう思います。

#すみません、自社の記事へのコメントで。
「学校導入」というところに可能性感じます。受験サプリが全国の高校5000校のうち700校で使われており、だから「受験アプリ」じゃなくてサプリメンタリー(補習教材)としての「受験サプリ」、なのだと。アクティブラーニングや反転授業の考え方なんてのもサプリでどんどん具現化されていきそうで今後が非常に楽しみ!
受験サプリと勉強サプリによって、塾以上に競合になるのが進研ゼミだろう。そのベネッセはタブレットによる赤ペン先生との相互コミュニケーションを増やしていく方向。ここ数年で大きく市場バランスが変わるのではないだろうか。
思い付きですが。
先生への研修会を受験サプリみたいにしたら面白いと思います。

受験サプリの使い方をそこに入れても面白いかと。

特に小中高問わず、若い先生は指導方法の研修に飢えている人が多い気がします。

現在、先生方は自主的に集まって指導法の勉強会を熱心にされています。

色々な地域のノウハウをそのアプリで共有出来たらとても良いですね。

マネタイズが厳しいかもしれませんが・・・

(そのアプリにフラッグフットボールの指導法を入れていただくととても助かるのです笑)

(追記)
kimitoさん
リアルの先生にも色々と直接情報発信しているのですが、その中で感じるのはやはり研修ですね・・・
自身が経験したことの無いものは研修を受けない限り先生が採用するというのは非常に難しいです。
現状ではまず先生に体験していただいて需要を喚起するのが突破口かな、と思ってます。
リクルートとのシナジーは、これが最初のリクルートとの出会い。
これくらいゆるいシナジーで充分。シナジー気にしすぎると何もできないので、変化に対応した結果うまくいけばその事業を起点に会社を回すくらいでいいと思う。
受験サプリ推しがすごいな。。。
教育の全てというより、インフラ、プラットフォームを意識してるんだろうな、リクルートはほんとに上手い。教師側からしても、うまく活用すればもっとクリエイティブなことに時間を使えて、授業全体の質の底上げにもつながる。学校導入というのがすごく面白い、教師もテクノロジーとどううまく付き合うかで質が変わりそうな時代だ。
リクルートの受験サプリ営業マンとして優秀な予備校講師を囲い込む→受験サプリのコンテンツを使って反転授業(ブレンド学習)を実施。
「インターネット時代・これからの学び方」をテーマに学習塾、学校に啓蒙活動をしていくと、リクルートは受験市場を大きく変えられると思います。

反転授業について↓
授業が「講義」でなくなる日 〜反転授業の衝撃〜
http://g-jhd.jp/questionnaire/7140
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
6.29 兆円

業績