新着Pick
482Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そりゃ、大学に入るまで近親者から褒められることを生きがいに頑張って来て、自分の価値観がない子がほとんどだから当然だろう。そして、そのまま卒業後も自意識過剰なままの人がとても多い。
あー、めっちゃ分かる。私は4歳で世を儚み厭になり、13歳で楽しむと決意し、17歳で孤独を知り、19の時に世と一体となり、28で世を捨てました。

悟っていたら俗世で成功するための学校である東大なんていかないですよね。
素敵な言葉。でもみんなが坊主になったら世の中大変です。商人はせっせと仕事に勤しむのが吉かと。(笑)
悟りとは目指す場所が今いる場所と等しくなり、スタートとゴールが同じ場所になる状態だと思います。すでにゴールにいれば当然みんなあくせくしなくなりますからね。人間の欲求は快楽と充実感に分けられますが快楽に溺れると幸福度が下がるのでみんな徐々に快楽を卒業し充実感にシフトしていきます。

その充実感の源は自己実現と対人調和、すなわち夢と愛ですがそれらを追求していくとだんだん夢と愛が近付いていきます。何故なら自分の夢を叶えることは自分への最大の愛ですし、相手の夢をお手伝いすることは相手への最大の愛だからです。そうしてついに夢と愛が等しくなると、夢という理想の自分と愛という本当の自分が等しくなり、今いる場所が目指す場所となり、スタートとゴールが同じ場所になります。
『常に「何者かにならなければいけない」という強迫観念を背負って前へ前へ、と。それはけっこう苦しいこと』、東大生だけじゃなくて、大体の大学生が背負っている負担感みたいなものだと思います。でも、大学を卒業すればこの負担が取れるか、と言うとそういうわけではないですもんね。

ちなみにタイトルの「MBA」と記事の内容は全く関係ないですやん。
ご自身が悟りに向かって苦悩してるんだな。過去の自分を鏡として、自分を見つめ直している感があります。でも、この苦悩はみんなしてるんでは?
私の頃は、文三から、文学部インド哲学は、定員1.進学振り分け点なし。

それは、悟っている。

ある意味、悟りから遠く煩悩あるからこそ、人間。
Enjoy lifeはいいですね。Enjoy my lifeではない。

周囲の優秀な医師も、縛られてる人が多いです。競争に勝ち慣れて、まだ誰かと競争している。医療は競争ではない。そもそも医師という枠組みに縛られる必要もなく、医療人として、人として社会に対して何が貢献できるか、何がしたいかを考え、自分の心の声を聞いてほしい。そして強みに集中しよう。そんな話をよくします。
松本さんは、グロービスのあすか会議とかに何度かいらしていただいている。
含蓄がありますね。いったん考え抜いて、無駄を捨て去った人のお言葉だと思いました。ありがたや。

”広告業界というのは大勢に向けてメッセージを伝える、ある意味布教的な側面を持つ業界なので、宗教と通じるものはあります。ただ、就職することを具体的に想像すると、将来きっと自分はこんな感じになるな、というのが見えてしまって。私は、先が見えない方が良かったんですね。何者にもなりたくなかったんです”
ははー、もう降参です(苦笑)。見えすぎです。