新着Pick
146Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
呼んでいただいたので、良品計画の欧米事業について知ってることを補足。

欧米といっても米国はまずまず順調で、先々週にニューヨーク五番街に旗艦店を出したはず。問題は欧州です。
記事では英国の業績が悪いと書かれてますが、最近は英国だけでなく、フランス、ドイツ、イタリア等の大陸国でも苦戦気味。来年1月までにこれらの国で幾つかの店舗を閉鎖する予定です。

良品計画は新規出店に際して、赤字覚悟のフラッグシップ店を許容するという考え方がなくて、全ての店舗が採算ラインに乗るべきという原理原則を貫いています。このポリシーは日本でも欧米でも中国でも同じです。

かたや、欧州の不動産マーケットでの賃貸借契約は基本的に10年以上と長いため、物件選びの失敗は許されない。
しかも、家賃はインフレ連動で簡単に値上げされてしまう。かといって家主と訴訟沙汰になっても、欧州では貸主側に有利な法律が多い。

こういった条件下で採算の見通しが立つ店舗物件を欧州の大都市で探そうとすると、どうしても狭小で立地や条件の悪い(地下フロアだけとか)店舗を出すことになり、無印良品の世界観を知ってもらえるようなフルラインの品揃えができない。特に家具などは売れない。

欧州で本当にMUJIブランドのプレゼンスを上げていくことを目指すのなら、もう少し戦略的な出店方針に切り替えるべきかもしれません。
良品計画の経営陣は、そのあたりの事情を明らかにして、短期的な赤字拡大は許容してもらうよう株主を説得しても良いのではないかと思います(いかんせんこの会社には創業経営者もいなければ、安定株主も少ないので)。
世界の拡大戦略を作る上で、フランチャイズやパートナーシッププログラムを取り入れるかどうかは大きい。H&Mは直接参入中心だが、FOREVER21はフランチャイズシステムを導入することで拡大スピードを上げていった。ユニクロと良品計画は直接参入型だ。ユニクロの米国展開を見ていると、大都市型戦略から大都市近郊型戦略に移行するのが早すぎたように見受けられる。サンフランシスコ店ができてから間もなく、周辺のモールへと拡大していったが、顧客層がまだまだ少ないため、消費がかぶってしまっている。まだまだ大都市型戦略で成長を目指すべきステージなのではと思う。欧州でもイギリスは、大都市型戦略が展開できるが、ほかの欧州地域では、細かい都市への攻略も必要で、投資は重たい。地域によってはもっとフランチャイズやパートナーシッププログラムを拡大するのも一つの戦略オプション。
先に市場を占有してるとこのほうが有利でしょ。
だからユニクロはアジアでは圧倒的なんだと思うけど。

ヨーロッパではZARA,、H&M、プライマーク。
アメリカではGAPよりもTJX、H&M、Foever21が強い。むしろアメリカ発のGAP、Jクルー、アメアパあたりは苦戦している。

ZARAは自社工場がスペイン付近で、ヨーロッパでの価格が日本に比べ格段に安いからシェアを奪うのは大変だろう。

重要なのはブランディングではないかと思う。
ルメール、カリーヌ・ロワトフェルド、イネスなど積極的なコラボが見られるが本格的にヨーロッパやアメリカ進出の為のブランディングではないかと。
椎名さんやMr.チワワさんのコメントが欲しい所。特に無印なんかは、ヨーロッパの人へのブランドバリューがとても高い印象があるのだが、実際の展開としては上手く行っていない。どうしてなんだろう?競合のシェアが高いというのは分かるが、ブランド力があるのであればジワジワ一定勝負ができるはずで。
気の利いたことは言えませんが、ユニクロについてはNYのフラッグシップ店舗にこだわりすぎで、自社製品のポジショニングを誤解しているのかもしれません。西から攻めたほうがよいと思います。

良品はちわわさんのおっしゃる通りなのでしょうが、欧州は無理せずということだと思います。あえて言えば石の文化圏には向かないのでアジアフォーカスが続くでしょう。
欧米市場でユニクロと良品計画は赤字を継続しているが、中国市場では圧倒的に発展している。
ユニクロの店舗数から見ると、中国に370近い店舗を展開しているが、年間100ずつの新店舗オープンを計画している。最終的な店舗数は日本国内における現在の3倍となる3000に達する。
また、無印良品は中国の出店を加速し、店舗数が前年同期と比べて27店を増加した(現在は128店舗)。
中国消費者の心を掴む理由としては、まずこの二社の商品は国産品より高品質でコストパフォーマンスがいい。もう一つの理由は、中国では日本の「MUJI風」を流行っている。シンプルで優れたデザイン性を持つ商品は非常に人気がある。
世界的にファストファッションに対する風当たりが強まる中、独自のブランドを確立しているMUJIは量を追わない全力で今後も行くだろう。欧米市場で苦手というよりそうした戦略がゆえに規模が小さく見えるからだ。利益率を求めていくはず。
こちらだと、「ZARA」や「GAP」はやや高級イメージで、実際に価格も高め。
「M&S」や「M&H」「Bhs」などが、日本で言うユニクロの立ち位置になる。

結局、似たような商品を似たような価格帯で売っても、先に市場を押さえた競合とは勝負にならないということでは?
特に衣類は流行に左右されやすいし、地域ごとに受け入れられるデザインも違う。
アメリカはともかく、欧州でうまく事業展開できている日本企業は極少数。MUJIもブランドは知られているが、収益という面ではずっと苦戦している。経営資源が相対的に限られているMUJIは好調な中国に注力した方がいい。中国の店舗数はまだまだ伸ばせる。
パリの無印良品のお店は、店頭でアロマディフューザーを運転させて、お客さんを呼び寄せていました。
ほとんどの商品は日本語のラベルがそのまま貼ってあったのも印象的でした。

無印良品は価格が高めで、品質の良いものが多いので、その良さが伝わるまでに時間がかかるのかもしれませんね。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
7,042 億円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
9.26 兆円

業績

業績