新着Pick

夫婦の財布をどのように折半すべきか

大和ハウス工業 | NewsPicks Brand Design
406Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本では「奥さんに財布を握られて小遣い制という人」がとても多いのに驚きます。
夫婦の財産に関する雑誌記事の取材で某出版社に行った時のことでした。
ライターさんを含めて3人の男性に訊ねたところ、全員が「財布を握られていて小遣い制」であった上、預貯金がどこに預けられているかも知らないという有り様でした。
自分に限って離婚の危機は訪れないものとタカをくくっているようです。

本相談についての個人的見解は次の通りです。
双方が収入を得ているので、「お金」と「家事労働」を折半で毎月家計に出資するのです。
妻の家事労働が多いければ、年収格差に関わりなく夫の金銭出資を増やす。
(逆もありです)
子どもができた場合には、当然出資比率等を見直します。
そして、万一離婚となった場合は、家計の財産をきれいに等分するのです。

これは夫婦財産を民法上の組合類似の関係と見なす最近の考え方です。
解散時には「出資に応じた払い戻しを受ける」という発想です。
離婚時の双方の払い戻しは等分とみなされるケースが多いので、最初から等分になるよう「お金」と「家事労働」を出資するという案であります。
ご参考までに。
うちは夫婦共有口座を作ってお互い一定額を毎月そこに振り込むというシステムだったので、しばらくは相手の年収知らなかった。まぁ、貯金の貯まりづらい方法ですが。
ちなみに夫婦で一緒に生保のライフプランナーに話を聞きに行くと、年収がいくらか振られたりするので相手の年収を知ることもできます。
もっと重要なのは収入というよりは、経済感覚の一致じゃないかなぁ、と思います。
ぶっちゃけ小遣い制とかどんだけMなんだよ笑
お金は現実として結婚生活にとても重要。金銭価値と感情、両面で重要だと思う。お金があれば幸せになるとは言わないが、避けられる不幸がある。そのうえで、価値感があっていればお金に伴う感情的対立が減り、不幸になりにくい。
ダブルインカムだった頃、特に分割せず自分の収入を自分で管理していました。
ちなみに、その頃の収入は、妻のほうが上。
子どもが生まれ妻が退職してからは、事務所の経理を妻が担当。
そんなこんなで、僕の収入すべてがガラス張り。
なので、うちのお財布は妻が完全管理ですが、意外と上手くいっています。
妻も確定申告や決算書、通帳などすべて開示しています。

住宅ローンを組んでからお小遣い制(かなり少ない)になったけど、クレジットカードで仕事関係では自由に使えるので、あまり不満はありません(こちらもガラス張り)。
以上、ちょっと特殊な例だと思いますが、どちらが主導権を握りたいと牽制しあったわけではなく、自然とこの形に落ち着きました。
今回も、山崎元さんの答えはすごく現実的で明快。最後に「回答者自身の生活にあっては、今回回答で述べたような情報の共有や生活費の負担に関する協議が十分できていないことを申し添えておきます。」とあるのは、山崎さんの人間性をかんじます。
結婚生活を続けるうえで、絶対に譲れないのが、食べ物の食べ方とお金の使い方だというのが持論。ほかのことは我慢できても、この2つの相性が合わないと破綻する。この人は、なぜこんなにケチなんだ?とか、こんなものにどうしてこんな大金使うんだ?と思うような相手とは結婚しない方が幸せ。収入よりも、そういう金銭感覚があうかどうかを確認しておくことも大事だと思います。
奥さんの給料が高いことはいいことです。家族のセーフティネットだと、前向きに考えましょう~
夫婦の「共有財産」の問題というのは、プライベートで難しい問題ですね。専業主婦の妻に給料のすべてを渡して、夫がお小遣い制というのは、私が聞いたところ、日本と韓国くらいで、世界的には珍しいとのこと。
離婚のご相談を受けると、特に共働きだと、配偶者の収入を把握していないケースが時々見受けられます。
結婚の際に、離婚の際にトラブルになるから、ということを意識するのは何とも言えないですが、ただ、教育お互いの収入を把握し、どのように分担するかをきちんと話し合っていないと、結局トラブルになったり、不満が出てきたりして、それで夫婦間にすれ違いが生じることもあります。
結婚前に言い出しにくいかもしれませんが、お金のことは、必ず話し合っておくべきです。
「なお、回答者自身の生活にあっては、今回回答で述べたような情報の共有や生活費の負担に関する協議が十分できていないことを申し添えておきます。」・・・この部分が今回の回答の肝だと思います。
夫婦別会計で、費用(と家事)は全て折半というのが最も現実的で長続きすると思いますが、如何でしょうか?勿論、奥さんは仕事を辞めないというのが大前提です。