新着Pick
1282Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
他国と比較して日本の若者の「チャレンジしない」が突出している原因は、人口構成だと考えます。
組織文化や新卒採用云々で説明できるのは米国との比較だけでしょう。
その他の国々との差異を説明する材料はいびつな人口構成ではないでしょうか?

日本の若者層にとって、膨大な数の年上層が存在する一方年下層は増加しそうにありません。
人口構成がピラミッド型であれば、上に「空き」がいっぱいあるので少々廻り道をしても参入し損ねる心配がありません。
現に、ピラミッド型の時代の若者は(たとえ廻り道や引き返しをしていても)最終的にはどこかに収まることができました。
ところが、今の人口構成だと普通に進んでいっても「空き」がなくてあぶれてしまいます。
ましてや廻り道ができる余裕などありません。

これを解消する方法として、中高年が「チャレンジ」せざるを得ない状況にすればいいのです。
誰かが唱えていた「40歳定年制」もその一環でしょうし、雇用の流動化でもいいでしょう。
人口構成の上の方の世代が流動化すれば閉塞感が解消されます。
「最近の若者は」と嘆く前に、櫂より始めよであります(^^;)
企業の人事担当者でチャレンジしたことのある人なんているのだろうか?
「いつやるの?今でしょ!」ですね。
私も何歳になってもチャレンジしていきたいな。今夜も頑張って仕事だホイ。
日本の20代は、「冒険や刺激のある生活」を求めていないとのこと。人生、今しかできないことは沢山ある。「あの時あれしとけばよかった」と後悔しないなら何もせず生きればいい。挑戦なくして達成感なし。挑戦し続けたい。
・何するにも上のハンコが必要
・「ホウレンソウ」でなんでも逐次上司に報告
・減点主義かつ労働市場の流動性低
の環境ならチャレンジする方が馬鹿げてる
日経ビジネスオンラインの記事「地頭がいいって何?」で失礼ながら人事採用担当者の批判をさせて頂いた。「チャレンジする20代が欲しい」という前に、人事部そのものが、採用方法も含めて多様化のチャレンジをしませんか? 経団連の就活ルールに縛られているようでは、学生に見透かされます。
チャレンジャーを応援しないとね
おい!俺はチャレンジします!No Challenge, No Chance!
星さんの意見に賛成です。
自分の肌感覚として。
私は面白い事に、平日は外に出たくて、いろんなことをやりたい、知りたい人が多いSFCに通っていて、
休日は大企業に就職して安定した未来を描く人の多い体育会で活動しています。
いかに年収が高くなりそうで、福利厚生がしっかりあり、安定して人生をおくれるか
という所がかなり就活生にとっては大切なみたいです。友達も、大企業に就活して綺麗な奥さんと結婚するのが夢だそうです
大学生で、思いつきでチャレンジすると だいたい今の場所にどどまるように言われると思います
沢山やりたい事があって、全部やろうとすると、それは無理だから絞ろうと言われます。もしかひたらそれぞれをコラボさせたら1つになるかもしれないのに

企業の言う、チャレンジって、
先人の偉業を今よりも努力することによって若くても成し遂げる
事なんじゃないでしょうか。
頑張る事はチャレンジの1つの要素であるだけです。
頑張り方が分かるものはチャレンジじゃないです
そうかなー。チャレンジという意味にもよるけど。リスクとのバランス考えながらみんなやってるんじゃないのかなー。ま、でもいろいろトライした方が人生楽しくなる確率は高そう。