新着Pick
964Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グーグルは以前から、事業ポートフォリオに関しては70-20-10ルールという指針を設けていたと聞きます。
すなわち、リソースの70%をサーチやアドといった中核事業に充て、20%を本業の延長上の事業、例えばGmail、Map、Earthといったプロダクトの開発に充てる。残りの10%のリソースをMovies、orkutのように、中核事業とはほぼ関係のない事業に充てるというとのです。
アルファベットへの再編はこうした事業ポートフォリオの拡充、構築がよりやりやすくなるための体制作りと捉えています。

圧倒的な稼ぎ頭の事業があるからこそ為せることですが、技術だけでなく事業展開という観点でもアルファベットは興味深いですね。
グーグルの今をまとめました。アルファベット社で見れば多角的でも、グーグルに限れば非常にシンプルになったと感じます。
手堅いなかで、多少実験的に感じるのが、YouTube、Google Play Musicまわり。
丁度、調べようと思っていたので、タイミングの良いまとめ。データ+アルゴリズム+広告というモデルがあまりにもよく出来ており、後は課金をせずにフリーにしてきたグーグル。

Alphabet社として再スタートを切るにあたり、有料課金コンテンツと法人クラウド、海外を伸ばすとのこと。ただ、これはお金を確実に儲けるための既存の仕掛けの話をしているだけ。

今後、Alphabet社の分岐点は、従来通り、データ+アルゴリズム+クラウドまでで止めるのか。それとも、更に踏み込んだ立ち位置まで踏み込むのか。

例えば、自動走行を実現した場合、Uberと同じ立ち位置までやることは前提だろう。では、ヘルス分野では、一つの疾病を解決するサービスまで提供することもするんだろう。

バークシャーハザウェイを参考にしているということは、持株会社形態の傘下企業は、ビジネスモデルも含め全く異なるところまで踏み込み、会社の文化・価値観も変わってもいいという腹決めだと理解した。

今回のまとめでは、そこらへんにも踏み込んで欲しいな~
壮大な一本足打法。
広告頼みの中でも、検索が圧倒的でそこにディスプレイと動画がどこまでいくか。
モバイルのディスプレイは期待はずれ。単価やすく、新しいフォーマットに対応できない。DSPなど運用型広告は圧倒的シェアを収益インパクトに加えられていないし、モバイルでは在庫シェアさえ握れていない。
動画も単価が上がらず、在庫も爆発的には増えない。
広告は苦戦。
googleさんらしくないですがコンテンツ課金強化する雰囲気を感じますね。
次回決算からアルファベット傘下の各社の数字が出てくるので楽しみ。モデルとしているバークシャーの様に5ー10年後、現在の広告以上の稼ぎ頭が出てきたら凄いですね。
良いまとめ。アルファベットになってからの現状と今後の方向性が再度、整理できます。
下方にある、過去記事リンクのコメントを見返してると面白い。
Pickerがそれぞれにデータを持ってきてコメントしていたりして、資料集的になってる。
分かりやすい
あのGoogleですら主力事業の比率を変えるのに本気。
中国で見てみると、こういう変化への対応が百度は遅れてるし、上手くないと思う
携帯アプリと同じで、ユーザーがアプリを必要としたら、そこから課金にかかるのは当たり前のこと……なのだろうか?
この連載について
キーワード、人物、歴史などをインフォグラフィックやスライドストーリーで解説する。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
98.4 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア