新着Pick
589Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ミニPCって感じだよね
人気 Picker
SurfaceはPCとしての購入が多いですが(^_^;)
とにかく「タブレット」と呼ばれるにはタブレット最適したアプリの存在が必須。

iPad Proは確かにかなり人を選びますが、それでも「タブレット」としての用途にをしっかり設計しています。

ちなみにSurfaceが「素晴らしいノートPC」であることは間違いありません。
そもそもSurfaceとiPadって競合してない。「タブレット市場」という括りが滑稽。
iPhone6Spの画面が大きいので、iPhoneとMacとの板挟みになっているiPadは中途半端なのでしょうね。
アップルにとって隙間分野。
Windowsが入ってくるのもやむを得ないと思います。
しかし、最近のWindowsは何だか使い勝手が悪いような気がします。
私の方が付いていけないだけかもしれませんが・・・(^^;)
移動時の軽いタブレット欲しいなと思ってこの辺注目してますが、なんだかんだで、Office関係がちゃんと使えるかどうかが気になるポイントです。その点Surfaceは安心感があります。でもまだ迷ってます。(その前に「それホントに必要なの?」という奥さんのコメントにそもそも勝てません。。。)
使ってみるとWindowsタブレットはひどいが、企業需要があるんだと思う。競争力はないな。
仕事でサーフェス使ってますが、タブレットモードなんて全く使えないです。
Excelの操作なんてもってのほか。

タブレットはYouTube見たり検索したり電子書籍読んだりゲームをした、そういう用途に使うためのデバイス。その点iPadは一定の成功を納めたと思う。

サーフェスはパソコンだと思いますよ。
iPadProは、タブレットとしてとても良い。Proを使い出すと、Airが子供のおもちゃに見えてくる。

元々MacbookPro、MBA、iPadと使っている中で、「見るのはiPad、持ち歩き作業はMBA」からの卒業をテーマにiPadProを買ったが、ほぼ出来そう。表計算やプレゼンも、1から作るのでなければほとんど対応できる。もし全てを統合するなら、このほぼ出来るの「ほぼ」の隙間を補間する必要があるのも確かだが、少なくとも3台を2台にする事は出来る。
エクセルとパワポは、今のところ問題無いです。
センセーショナルな見出しを狙いすぎて、少し拍子抜けな分析。

マイクロソフトは、タブレット市場という概念をつぶそうとしていて、iPadを圧迫しているのは事実。マイクロソフトの優位性はWindowsソフトであり、既存のワークフローを崩さずキーボードレスのデバイスに移行できるから、iPadより強い。

iPadが難しいのも同じ理由で、ワークフローをかなえるだけのアプリが足りていないのが問題点。皮肉なことに、マイクロソフトのオフィスが、最も完璧にiPadを生かせるのが現状。

映像、クリエイティブ、3D、POSといった分野ごとに、アプリがそろい始めると、そのパワフルさがとたんに選択肢として輝く。と指摘すべきだと思います。
Appleは勝ちに行ってないでしょう。
むしろマイクロソフトはソフトウェアからハードウェアへ進出して成功しつつある。
まさかサーフェスここまでやるとは思わなかった人多いのでは?
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
116 兆円

業績