新着Pick
298Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは面白いですね。これに加えて、上場後の最高値、最安値も調べてもらったら、更に面白いと思いました。
テックで10年、20年、30年と生き残れた企業は、企業価値が何百倍にもなっている。フェイスブック等の新しい企業はまだ試されている段階。
Time Valueを計算に入れないで、単純に倍率で計算するのはミスリーディングだと思う。これでは、上場後期間が長い方が有利である。
まあ、手に入らない宝くじを並べてもね、、、どれが来るか、分からないし。買いたくても、IPO株は手に入らない。。。
個人的にはGoogleがやはり化け物だと思う。上場時にあれだけ話題になっていた中で、そこから10倍になっているわけだから。
ちょっと期間が違いすぎて平均利回りも出して欲しいとことですし、上場時のマーケット環境によってスタート地点が違うので一概には比較できませんが、「上場ゴール」の反対で大きく価値を高めてきた会社たちであることは間違いないですね
一方でこの裏には無数の淘汰された会社があるのも事実で、そういう新陳代謝が産業のダイナミズムを産んでいる
日本でも、イノベーションだ、ベンチャーだというのもそうだが、淘汰側のメカニズムもしっかりと作り込んでいかないとダメですね
社会的に意義がなくなった会社は大企業であってもゾンビとして生かし続けないことだし、上場ゴールで新興市場にくすぶってるベンチャーにも退出を迫ることでしょう
これってIPO直前のラウンドで1万ドル投資してたらという試算なのかな。最初の外部資金調達で1万ドル投資した時の数字も見てみたい。
全てのIPO株に投資していたら、の方が面白い。
成功した企業だけ並べられても。ジンガだけが失敗でもないでしょうに。
そりゃそうです。昔の会社ほど倍率が高い。アマゾンもアップルも数百倍。昔は、上場してから成長する・一般の投資家もそれに参加する、という時代だったのが、今は、一部の機関投資家だけが参加する「Stay private longer」という資本主義に変化してしまったので。
IRRが見てみたいですね。

業績