新着Pick
760Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事から明らかなのは、企業の人事担当者も明確な欲しい人材像など持ち合わせていない。そもそも人材そのものが十人十色。言葉で表現しきれない。さらに人事担当者は、仮に採用したい人材像をイメージしても、そのイメージに近い人材を面接して見極める能力を持ち合わせていないということ。
地頭というと先天的に持っている能力のようなイメージがあります。
ごく僅かな天才には当てはまるかもしれませんが、ビジネスで必要な能力は後天的に取得できるものと確信しています。
採用担当者が「地頭」という場合、将来的なポテンシャルを指す場合が多いように思えます。
もっとも、そんなものを見抜ける採用担当者がいるとは思えません。
つまるところ、採用担当者が「採用したい」理由を上に明確に説明できないときに使う便利な言葉。
主観的好みをもっともらしく表現する道具でしょう(^^;)
昨日は2017年4月入社向けの学生との懇親会でしたが、そこでも「地頭」という言葉は使いました。意味としてはやはり論理的思考力ですね。信号の色に何色を増やすかの返答に詰まってもよいです。(記事の例が意味不明)
「一緒に働きたい人」というのも使いますが、企業カルチャーにあいそうか、という意味が大きいですかね
ちなみにCDIでは、パートナーごとに採用していて、パートナーごとに自分の言葉で欲しい人材像を表現してますが、自分の場合は「知的体力と知的根性を人のために使える人」としてます。これだけだと意味不明かもですが、あえて造語を使ってその意味を考えてもらいたいという想いもあります
地頭の定義があいまいで、人によって異なること自体が発見。私は論理的思考とまでは思ってなかったです。まずは理解力、想像力そして応用・展開力かなー。
アウトプットの仕方は、言葉、書き、システム設計、ビジュアルなどあらゆる形態があり得意不得意で発信は異なってもいいし訓練で改善されるから、記事内にある「返し」まで期待してないです。

最近の個人的な流行り。来年内閣府と実施するイベント仕様書を見せて、読むだけでどこまで把握できたか、また質問をもらうことで、理解力をみてます(笑)。(地頭がよい業者さんにあたりますようにー。祈。)
「地頭がいい人」=自分で考えて色々できる人ということだと思う。コミュニケーションを取るにも、考えながらコミュニケーションできるか、主体性というのも現状を把握して自分がやるべきことを考えてやるということなので。
あと、地頭は筋肉みたいなものだと思う。筋肉はスポーツごとに使うものが異なる。速筋と遅筋みたいな。広告代理店の「地頭テスト」とか自分は極めて苦手なのだが、当意即妙に応えるという点で営業的・速筋だと思う。逆に占部さんの「知的体力と知的根性を人のために使える人」という言葉、自分もとても共感するのだが、これは体力・根性とあるように、考え続けられるかという点で、マラソンに近い遅筋みたいなものだと思う。分析なんて、考え続けることの繰り返しなので、これが重要。あとはそれを人のために使えるというのは、個人プレーにならないためにも重要だと思う(だからすごい共感したのだろう)。
みなさんのコメント見ていても、「地頭」の定義が人それぞれであることがよく分かりますね。

この記事に関して思うことなのですが、そもそも「地頭」って社内で話す時に使う言葉であって、外部に出すものではないですよね。学生さんが直接人事担当者と話す機会があったとして、「地頭って何ですか」と聞くことはできないのでは。それを想像することこそが、就活における「地頭」だと思います。

しかしこれは、あくまで今になって思うことです。自分は一斉就活の時に完全に失敗しました。その失敗も、今の自分に至るためには大切な経験であったと思っています。
エントリーシートに「得意なこと」みたいな欄があったので、確か「タックルなら誰にも負けません」って書いた記憶が。
採用は「仲間を増やすこと」。仲間にしたい奴かどうかが基準。
「地頭」という言葉自体、「頭が良い」という表現の曖昧さをごまかす言い換えに過ぎないのだと思う。「コミュニケーション能力」の方がまだ具体的でましな表現。

結局のところ、「求める人物像」というのがはっきりしていても、それを採用時に見極めることはできない、というのが現実ではないか。
特に大企業では、短い面接時間で(ましてやエントリーシートやWebテストなどで)自社の求める人材を選び出すのは困難であるため、青田買いで育てるしかないのが企業側の事情だと考えている。
学生側の視点で考えると、(大)企業が「確率論」で採用できるのに対して、こちらは人生の一時期を預ける先を一つに絞り込む「ギャンブル」になってしまうので、圧倒的に不利。学生にできる精一杯の抵抗が「大手は受けない」だと思うのだが……
組織には色んなタイプが必要なので、所謂「地頭=ストリートスマート」だけを求めないですね。

得てして、ストリートスマートは、難易度の高いサバイブ本能を掻き立てられる案件には向いているのですが、毎日きっちりと地道になることが苦手。

なので、色々なタイプに応じ、必要な能力を持つ人材プールを社内・外に持つことが大事だと思ってます。
中部鋼鈑株式会社(ちゅうぶこうはん、英文社名 Chubu Steel Plate Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市中川区小碓通に本社を置く電気炉メーカー。主に厚鋼板の製造を行っている。日本で唯一、厚鋼板製造を専業としている電気炉メーカーである。名古屋証券取引所第一部単独上場銘柄のひとつである(証券コードは5461)。 ウィキペディア
時価総額
214 億円

業績