新着Pick
218Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
千葉県松戸市でMADなまちづくりを進めるまちづクリエイティブの第2回です。カップルホテルのリノベーションも、古民家も、え、ここを?というような物件。使いたい人、用途とのマッチングは大切だなと思いました。
追記:カップルホテルという表現は、行政が推奨している表現のようで、まちづクリエイティブでも統一して使っているそうです。
防音設備が完璧で宿泊もできる・・・上手い利用方法を考えましたね。
「余暇時間の争奪戦」をスマホに奪われたクリエーター不遇の時代。
こういう形で支援していくことには大賛成です。
そもそも、昔の芸術家の多くは王侯貴族などのパトロンに養われていたのですから、クリエーターを社会が支援する仕組みは必要。

にしても、最近はラブホじゃなくてカップルホテルと呼ぶのですか?
面白い取り組みですね!
「松戸まちづくり会議」が実施主体とのこと。
文化庁と松戸市からも支援を得た文化事業というのも素晴らしい。
私も区のまちづくり協議会に参加しているし、地元不動産屋を巻き込んで何かできないか考えてみたい。
まちづくりの一環であれば、外観までこだわりたいけれど、コスト等の問題で意外と難しいかも。

古民家活用、僕らがやるときに立ちはだかるのが、建築基準法の問題。
用途変更(100㎡未満だったら確認申請は不要ですが)や既存不適格等の問題をどうクリアされているか、お話を伺いたいなぁ。
これが「文化庁と松戸市からも支援を得た立派な文化事業のひとつ」というのが素晴らしい。こういう案件は他の地域でもあるのだろうか?すごくいいと思うので広がっていくといいと思う。
面白い取り組み!写真を見るとオシャレで良い感じのオフィスに。後、気になるのは外観。。
ホリエモンチャンネルで見ました。

MADな人たちの話がとても面白かったです。
特に、市役所のことを後から来た余所者と考えているってのには吹きました笑。
やはりカップルホテルのリノベもされてましたか。発想をどんどん形にしていくスピード感がいいですね。地方でもこのような発想に更に付加価値をつけることで、外国人観光客の集客につながると思います。
しかし、写真からだけの判断ですが、そのような場所によく古民家が存在していましたね。
クリエイターの心理を見事に捉えた物件の活用。ラブホ跡にオフィスを構える、集まる場に使う、そんな他者とは違うという刺激。クリエイターは自分が他者とは違うことにコンプレックスを感じながらも、
そのコンプレックスをエネルギーとして、表現したい認めて欲しいという行動につながり、その思いを作品に込める。
だからこそ、表現して認められたいという思いがありながらも、他者とは違うという感覚・刺激も同時に求めている。
作品を生み出す原動力でもあるから。

それを住む場所、仕事をする場所、集まる場所、そこにいること自体が刺激になるならば、
クリエイターは高くてもそこに住みたい、オフィスを構えたいと思う。

クリエイターの心理だけでなく、防音、お風呂、駅近、
一石二鳥どころか十鳥くらいにっているのでは。
人の誘致とコミュニティソリューション(つながりによる社会課題解決)の促進は地方創生の一丁目一番地です。