新着Pick
1061Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
堀江さんには、控訴して徹底的に戦ってほしい。こんな理不尽な判決がまかり通ったら、経営者は怖くて経営できない。「過失」の判断は難しい。「悪意」はどうやって判断するのだろうか?

カネボウ、オリンパス、東芝などもっと悪質な会社がたくさんある。どうしてベンチャーにだけにこんなに厳しいのか?日本の司法の健全さを信じたい。

堀江さんを応援します。
この件に関して言いたいことは一つだけ。なんで証券取引法の時効後に役員(民法上の不正行為)だけをターゲットにして訴訟してきたのかという事だ。証券取引法の時効のタイミングで株主と会社からの訴訟を包括和解して資産の99%以上に及ぶ208億円を差し出して和解した。なのにその後も訴訟の波状攻撃が続いた。そのタイミングで和解しとけばキャッシュリッチな会社からスムーズに金を引き出せたのに、和解で資産のほとんどを失った役員個人からお金を取り戻すのはかなり困難。完全にお金目的というより怨恨訴訟と言わざるを得ない。まあ裁判というのはそういうものだと言われればその通りなんだけれども。
悪意まで認定されるとなると言葉を失う。ともかくこの国では若造は目立ってはダメだ。東芝のような大企業であればやりたい放題でも大丈夫。学生諸君!海外か大企業を目指せ!(皮肉ですからね・・・たまに皮肉を理解できないバカがPOPするので)
堀江さんは刑事訴訟に関しては徹底抗戦なさる一方で、民事訴訟については架空取引を認識していなかった責任をとり、旧ライブドアに対して208億円の資産を譲渡してらっしゃいます。
経営者としてこの態度は、非常に筋が通っていると私は思います。

本件が過去の民事訴訟とどう関係しているのかわかりませんが、まずもって刑事訴訟と民事訴訟は峻別すべきでしょう。
また諸先生方が仰るように、ここでの「悪意」は「認識していた」という法律用語でしょう。こうしたアナクロな用語をいつまで使ってんだとも思いますし、せめてメディアがその点を誤解なきように翻訳して報じるべきでしょう。

http://s.ameblo.jp/takapon-jp/entry-10419295105.html
<オリジナルコメント 11/25 21:00>
民事訴訟だから、他の事例と比較しても仕方がないのではないか。冷静に考えたい。まあ、心情的には同情するが。

<追記>
何と戦うのかが分からないまま、「戦え」という勇ましいコメントが多いようだが、これは検察が相手の刑事裁判ではない。既にこれまでに確定した刑事・民事裁判での事実認定に基づいて淡々と判断される民事の損害賠償請求事件に過ぎないので、事実認定で戦ってもほぼ無意味。損害認定額が少し減るかどうか程度の話に過ぎないのだから、ちょっと頭を冷やした方がいい。戦う時機はもうとっくに終わっている。事の是非はともかくとして。なお、刑事裁判というか、それ以前に、検察が刑事告訴する基準が、大企業とベンチャーの二重基準になっているのではないかということであれば、それはその通りだと僕も思う。しかしそれはこの民事裁判とは関係ないし、ここで戦っても無意味です。
<追記>
原告代理人の紀藤正樹弁護士がブログを書いていました。会社法上の役員の第三者責任(会社法429条)に基づいて請求していたようです。この場合、時効は10年(民法167条1項)とするのが最高裁判例です。
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2015/11/post-5fae.html
<追記了>

虚偽開示に基づく役員の賠償責任は、損害及び加害者を知った時から3年間の消滅時効にかかります。これに引っかからなかった背景事情が知りたいところ。

堀江さんが、架空売上の計上について悪意であった(認識していた)ことは、(その是非はさておき)H21年に東京地裁で既に認定されており、H23の高裁でも覆っていないので、残念ながらほぼ決着済みの論点かと。
まずはタイミングに驚き。この裁きをするなら、経団連に加盟している様な大きな企業も同じ物差しではかってほしいものです。
おいおい、いい加減にしてくれよ。悪意や重大な過失があったって、今更判決出すの?だったら、もっと悪意や重大な過失がある会社あるでしょ。そちらの経営陣にも判決を出してみてください。
この判断自体は、法に従い下された事実認定に基づいて、その結果によるものと推察できる事案に対する賠償なので、そういうものなのだろう。堀江さんは納得できなければ控訴すればいいし、この男性もかなりの巨額なのだから納得するまで戦えばいいのだと思う。

 やはり気になるのは、その判断のもととなった基準が、いわゆる伝統的な大企業に対しても適切に適用されているか、されるのかということ。されているというロジックがあるからこそ、こうした賠償につながらないケースもあるのだろうが、法曹関係者以外には通じにくいロジックで、一見すると新参者に厳しく、仲間内に優しく見えるのであれば、少なくとも丁寧な説明を果たす責任があるのでは無いだろうか。
このタイミングで?