新着Pick
441Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
都内のあるマンションに入った際、エレベーターの壁には「ここはホテルではありません。関係者以外の出入りや、深夜に大声で話をしたり、ベランダから物を投げることは厳禁です。」と書かれた紙が貼られ。

ホテルでもダメだと思うが、既にAirbnbのような使い方をしている人がいるということ。

集合住宅での利用は、そこに住む住民との認識合わせも必要になり難しそう。賃貸なら、尚更ことは複雑になる。
まあとにかくインバウンド需要に応えるにはこれやるしかないんだよね
お寺にとまってもらいましょう。
日本でも民泊が定着したら、管理運営サービス(プロパティマネジメントサービス)による差別化が次のテーマになるでしょう。民泊の管理運営を全部個人がやるというのは、非常に手間がかかって現実的でないと思います。
民泊市場が立ち上がれば、普通にプロパティマネジメント(PM)と、定額を保証するサブリースのようなサービスの市場が立ち上がるでしょうという記事
また、PMも市場の需給を見ながらこまめに適切な料金設定をするレベニューマネジメントをするようなプレーヤーも現れるとのことで、どれも他の形態の不動産市場の状況からすれば当然のことですが、ビジネスチャンスですね
少し前には、アパマンの参入の記事もありましたが、今後も参入が続きそうです
なんなく利用者比率をみると男性が多い気がしします。安全、衛生さを考えてなのか!?限りなくホテルに近いような民泊が増えることでいろんな層が増えそうですね
結局ホテルも民泊も住居も需要が高いのは都市部とか人や物が多いところなんですよね。当たり前ですが。民泊的なことに関しては空き家が多くてホテルが少ない地方や過疎地の方が本当は向いてるんだろうな。
Airbnbが広がることで周辺サービス誕生という話。正直、ホストも利用も興味があれど安全面で抵抗があり人ごとでしたがいつか利用できるかも。
民泊市場に広がりがさらに生まれそう。
日本の歴史でも、街道沿いでの民泊から、都合のいい場所に宿場町が形成されていった訳で、外国人の観光スタイルが多様化するなかで、都合の良い宿泊スタイルとして、民泊という原点回帰もありなのだろう。
地方の旅館などは、稼働率が低く経営も難しい現状があるので、顧客ニーズに合わせたサービスの差別化により稼働率を上げたり、地域内の空き家や廃業したモーテルなどを活用し、地域特性を活かした独自性の高い民泊サービスマネジメントの事業化のチャンスもある。
いずれにしても、民泊についてはグレーゾーンのままでなく、課題を整理したうえでニーズ沿った制度改革を早急に行って欲しい。
この種の新サービスに対して、「日本デハー」という出羽守がたくさん出ますが、これだけサービスが普及しているのは、貸すほうも借りるほうも根本的な需要があるから。

欧州デハ、オンライン時代以前から民家の貸し借りは盛ん。現在airbnbが新しく切り拓いたのは、借り手側の姿を貸し手側も事前に見えるようになったという、双方向時代の情報技術の部分。

一部のトラブルばかり報道されますが、私の周囲デハairbnbを絶賛する経験者が多いです。日本でも代行業者が出てきているようでもあり、仕組みの改善で問題を解決していきましょう。

私も、こんどの東京出張デハ、airbnbを使います。東京に住んでる人にとっては「ひとごと」でしょうが、出張で行く身にとっては、時期によっては本当に東京のホテルは取れないので、切実なのです。