新着Pick
473Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
相撲なんて随分前からビデオ判定を導入してるけど、ぜんぜん面白いよ。失敗続くと行司も資格停止になったりしてね。
非常にたくさんのご意見、感謝です。導入すべきという意見が予想以上に多かった。テクノロジーが審判を助ける、という点をNPBも考慮してほしいなというのが個人的意見です。
野球の球審はプレイヤーの一人と考えることもできます。
そのパフォーマンスや癖を楽しむ人もままいるようです。

また、ラグビーやサッカーのように「長い中断」ができないスポーツもあります。
ラグビーワールドカップ、誤審で泣いたチームがありましたが、あれはやむを得ない。
数え上げれば誤審はたくさんあるので、それも勝負のうちでしょう。
全てビデオ判定に頼るのではなく、あくまで審判の判定を尊重し、それに抗議する場合はリスクをとって抗議するという様なルールにすれば上手くできるのではと思います。

日本のアメリカンフットボールだと、設備やスタッフのスキルが足りないのでビデオ判定は出来ていませんが、NFLだとチャレンジが当たり前にルール化されています。

チャレンジに失敗するとタイムアウトが一つ消費されるというリスクがあり、時間との戦いであるアメリカンフットボールにとってタイムアウトが1つ減るというのはそれなりに痛いです。

しかし、そのリスクをとった結果チャレンジに成功して判定が覆ることも多くあり、それがまた面白さの一つになっています。
人がいて、迷った時にはテクノロジーで判定を決めるというシンプルなものではダメなんだろうか。

今、学校の体育の授業では、タブレットで動画を撮影して動きの確認をするところも出て来ている。
いくら言葉で言っても分かりづらかったことが、動画だとよく分かる場合もある。

テクノロジーを使うことに慣れてくると、それを本番の試合などで使うことが自然になってくるのでは。
どう考えてもテクノロジーを徹底的に活用すべき。
定期的に誤診が出て不愉快な思いをするのはもう耐えられない。特に野球はワンプレーごとに試合は元々止まるわけでリズムが悪くなるとは思わない。
最終的には機械のみで判定することにはなってると思う。誤審はプレイヤーからするとたまったもんじゃないし。でも、誤審や疑惑の判定って歴史的に語り継がれるほどエンターテイメント性があったし、人間ドラマのきっかけにはなってたのは間違いないんですけどねー。
野球だと監督が講義で時間を引き延ばしたりして、むしろそちらの方がテンポが悪い気が。。。ビデオを使って、スパッと後腐れなく判定に納得して次!というのがいいと思います。
先日のバレーボールでチャレンジ制度が導入されているのを見ましたが、すごくいい制度だと思いました。タイムアウトが無くなった後半に、タイムアウトと同じような感じでチャレンジを使って流れを止めているところもありましたが、それはそれでありかなぁと。
野球についていえば、審判に判断をゆだねるにしても、ストライク、ボールの判定は機械で計測し、その結果をリアルタイムで放送などにながすべき。直方体のどこをボールが通っていて、審判はどういう判断をしているのか客観化が必要。このほうが見る側は面白い。
全てをテクノロジーに任せるのではなくルール化した上で入れるべき。テニスの「チャレンジ」は確かに上手く取り入れた例。ジャッジそのものをテクノロジーが判定しているのではなく、疑義がある時に選手が行使する。なので行使しなかった場合には判定されないのでミスジャッジは存在している。しかしルールが明確であるから、あまり不満は出ない。

最も悪いのは曖昧なルールや技術で取り入れること。記事にある広島対阪神戦が最たる例。中途半端にビデオ確認してミスジャッジをするから大事になる。ビデオを使用するなら複数カメラ等によるミスの起きない仕組みを、それが出来ないなら中途半端なビデオ確認はせずに、昔ながらの幻のホームランでいい。