新着Pick

岡島悦子が語るヘッドハンターとの付き合い方

リクルートキャリア | NewsPicks Brand Design
586Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヘッドハンターと聞くと、転職と直結して考えがちですが、自分のキャリアの棚卸や、市場での価値を客観的に評価してもらうために、定期的に話せる関係を築くのがベストですね。
岡島さんのインタビューで印象に残ったのは、キャリアを考えるうえでカギになるのは、どこにいたかではなく、何ができるか。まずは「打席に立って」、ヒットを打てるようになる必要がある、というお話でした。
素敵なヘッドハンターに出会うためには、自身もそれに見合う状況になってないと会えないのだろうと思う。

ある人から、以前こんなことを言われた。"「タグ」という専門性、それも希少な専門性の掛け算が出来たら、市場価値は高くなる。身につけた「タグ」が不要だと思えば、外せばいい。"

市場価値のあるタグ、これから価値が出そうなタグをいくつ持ち、どのように掛け合わせられるかで、決まるんだろう。
言ってることは実に正論。ヘッドハンター、という言葉の乱用があんまり好きじゃないので僕はキャリアコンサルタントと言いますが、まさに「キャリアのかかりつけ医」だし「キャリアの人間ドック」だと思います。定期的に診せて、自身の市場価値を確認しましょう。特にジョブローテのある大企業にいる転職経験のない方は要注意。手遅れにならないようにしましょう。

が、我々、根本的には人を転職させてナンボの商売である以上(それが前金であれ成功報酬であれ)、売上のために躍起になっている輩、良く言えば「目標達成意欲の高い、意欲に燃えた熱い人w」も多いわけで、その辺のギャップがこの業界は他より多く、それが胡散臭さの源泉なんだろうな、と思います。

売上に余裕のある人は、目の前のご相談者で短期的に売上を上げなきゃ(転職させなきゃ)という焦りがなく、むしろ信頼関係を築いておいた方が長期的なリターンが大きい知っているので、ピュアな意味でのアドバイスができます。
売上に余裕のない人は、どんだけきれい事を言ってても結局は売り上げないと上から詰められなじられ、てなことになるため、転職させようバイアスが強くなります。

本当に自分を理解してくれて、長期的に考えてくれてるな、と感じるキャリアコンサルタントを見つけたら、是非長い付き合いをしていただければと思います。メリットが大きいですよ。

ちなみにヘッドハンター(リテーナーもらってサーチする人、と僕は定義)は概して企業側のニーズに立脚しているため、サーチした候補者が当該企業に関心ないと見るとすぐ離れていくことも多いです。この辺も売れてるヘッドハンターなのか、そうでないのか、によって変わってくるところでしょうね。

要するに売れてないと、マネタイズに時間のかかるお付き合いって限界がある場合が多いので、その辺見極めていい人見つけてね、ということですね。
書かれているキャリアコーチ的な付き合い方ができると、とても良いと思う。でも多くのエージェントの方は、転職を紹介・成立させることでお金を得ているので、しょうがないのだが、キャリアコーチではなく案件に終始する傾向があると思う。一方で、個人のニーズは自分を客観視するという観点でもキャリアコーチの方が強いし、普段から話しているからこそ、キャリア志向やカルチャーフィットに関してよっぽど判断できるようになると思う。そしてその方がよい転職につながるとも思う。
個人的にはキャリアコーチ的なエージェントの方とお付き合いしたいと思うが、そうではないエージェントの方が多すぎて、「レアキャラ」なそういう方と巡り合うためのコストの方が多すぎて探すのをあきらめたという感じ。
結構エージェントの方はPicksを使ってくださっていると思うのだが、実際にキャリアコーチ的なアプローチをされている方って、肌感覚何%くらいいらっしゃるのだろう?
「弱みの克服よりも強みを伸ばすといい」という。確かに、弱みを克服しても他と差がつかないが、強みを伸ばすと差がつく。
僕の尊敬する友人は新卒で入った外資系金融機関のときからベンチャーでばりばりやっている今まで定期的にヘッドハンターに会って自分の市場価値を確かめてるといっていた。
特に横比較がしづらい若くしてベンチャーに飛び込んだような人ほど自分の位置をしるためにぜひ会ってみてほしい。

ちなみに僕自身そういったヘッドハンターの方には会えていないので、市場価値を教えてくれる人に是非会ってみたい!笑
ヘッドハンターってまったくいいイメージがなかったが、企業が自律的にふさわしい人間を探せないというジレンマは確かに存在していて、いわば昔のおせっかい見合い紹介おばさんがビジネス化してるということだな。確かに必要な機能だ。
「ヘッドハンターとは、企業の「かかりつけ医」のようなものです。」という冒頭のメッセージに全てが集約されるが、本気でビジネスパーソンとして一流を目指すのであれば、転職云々は関係く、常に相談できる「お抱えヘッドハンター」を持っておくべき。
ぼくも、あえて社外のヘッドハンターの方に、定期的にキャリアの壁打ちさせてもらっていて、その度に新しい気づきをもらってます。
ヘッドハンター=かかりつけ医に例えるとは、なるほど。
私も「転職する」と決めていたわけではなく、キャリアの棚卸をしたくて1社目の時に転職エージェントに登録した。
結果的に、より自分の描くキャリアに近かった2社目に移ることに決めたので、定期的に第3者からのフィードバックをもらうという感覚で、転職市場の情報を手に入れるのも良いのではと考えている。

それにしても、佐山さんのインテグラルにINCJ等々、求人情報が充実してるなー。
確かに、自分ブランドが大事かもね。特に、30代後半から。プロフェッショナルな仕事だと、30代後半までに一人前になります。なので、そこからは年を取っても別にプロとしての付加価値が飛躍的に上がる訳ではない。普通に行けば、山はいつかは下ることになる。

だったら、自分はどんな山を登りたいのか?をより鮮明に意識しつつ、同じ組織の中でもドリフトしているイメージなのかな。