新着Pick
111Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
11月は児童虐待防止月間です。本件は児童虐待と間接的な関わりしかないのですが、いくつか子ども関連の記事を投稿させて頂きます。

日本の小児医療は世界最高水準にあります。そして、それゆえに生き残った子どもの予後についての悩みも大きい。この分野の第一人者である五十嵐先生にお話を伺いました。

話を伺いながら、開業医をしたら儲かるのに、大病院の勤務医だと待遇が良くない構造的な理由がようやく理解できた次第。難病の治療は基本的にコスト割れするものの、小児医療にとって「最後の砦」になる大病院ではコスト割れを理由にこういった治療を忌避するわけにいかない。社会的責任と採算性の難しいバランスを感じます。

そして、大変な状態から生き残った子どものうち、在宅で親が孤立無援にケアをしている子どもは2万人います。在宅介護をしているお母さんが、「喫茶店に行ってのんびり本を読むことなんて夢のまた夢」という言葉が重たかったです。

そういった子どもと親の支援体制は全く整っておらず、制度そのものを変えていく必要があります。だからこそ成育のような国立センターで、赤字覚悟で子どもの一時預かり・ホスピス施設を作りました。国立とはいえ、この事業に国からお金が出る訳でもないので、関心を持ってくださった方(特に世田谷区在住の方)は是非にご寄付ください。

http://www.home-from-home.jp/%E3%81%94%E6%94%AF%E6%8F%B4-%E3%81%94%E5%AF%84%E4%BB%98%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
「意識のない高齢者の方の延命に、高額の医療費がかかる血液透析を続けて良いのかなどについても、ようやく議論ができるようになりました。」

こういうのって自分の周りで突然起こることも。
いろいろ考えていく必要性がありそうですね。
この連載について
プロピッカーでNPO法人Living In Peace代表の慎泰俊が、児童養護、福祉、貧困など社会的課題に取り組んでいるキーパーソンと対談。いま、課題解決のためには、いったいどのような施策が必要なのか、ともに考えていく。