新着Pick
51Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日に引き続き、後編です。
やはり、「まだ、始まったばかり」でありながら、しかし、最初にどこまで行けるかでプラットフォームは固まってしまいます。
実際、ソフト面でのプラットフォーム争いは、もうYouTube対Facebookで起こっていたりします。そういった、身近なプラットフォームから浸透する可能性が高いかもしれません。
明日はそういった、「モバイルVR」の領域を総まとめします。
やっぱり,VR元年というよりも,ヘッドマウントディスプレイ元年という感じの特集ですね.
せっかくなので,問題点もリストアップしてみると,まず,ヘッドマウントディスプレイは,体験者がポカンと口を開けてしまって,外から見るとマヌケな感じになってしまうのが問題かなぁと思っています.また,体験が非常に個人的な部分が強いので,ゲームを実現するにしてもWiiが目指しているようなワイワイというのには少し向かないですよね.ハイスペックなゲームのハードを持っている人は個人プレイを好みそうですが,この感じで果たして一般にどれくらい広まるのか気になります.それから,眼鏡の人が使いづらいというような話は聞きます.(僕は眼鏡ではないのでどんなものか実感が無いですが)最後に,装着時に髪型がぺちゃんこになってしまうという部分があるので,外でのイベントなんかの時に使うとなると女性受けがどうでしょうか.
とまぁ問題をリストアップしましたが,それらを気にしなくなるレベルの新しい価値があるので,なんとか広がってほしいと思っています.
スマホ利用=GearVRとなってしまっているのは残念。
確かにGearVRは通常のCardboard型に比べてジャイロなどがVRに最適化されていますが、Galaxyと合わせたトータルコストでいくと、PSVRと恐らくそれほど変わらないと思われます。

別軸としてはCardboardの紹介の方がしっくりくる。その中でCardboard型はゲームに向いていないのは同意です。

端末のスペックは時間の問題でしょうが、コントロールできる、できないは大きな差ですね。
Oculusの部分も仰る通り。加えてPS4がなあれだけ欧米のゲーマーに受け入れられたのは非常に大きいと思います。
広告の観点からいうと既に実験は始まってる。相性が良さそうなのは、体験型なので、旅行、エンタメ、はサッと入れるように思う。VRで見たら絶対南の島に行きたくなるに違いない。
これから様々な進化を遂げるのだと思うけど、本当の起爆剤はVRの多人数同時体験になると思う。VRは視聴というよりかは体験なので、それをリアルタイムで共有できることが重要。VR体験館のような物理的な場所で多人数で同時に体験できるか、VR画面内で相手も見えるようにできると面白い。
面白いゲームなら、なんでも買っちゃいます。
モバイル端末の性能が更に向上するのなら、Gear VR型のセンサー内蔵、拡張性のあるタイプのHMD普及すると考えます。

モバイルという視点で言えば、将来はPlaystation VitaでVRゲームが出来ても不思議ではありません。
その時はディスプレイを外しHMDにセットして遊ぶという形になると思う。
性能的に足りない部分はメガドライブのスーパー32Xの様に外部のCPU、GPUに頼る。外付けでも良いし、HMDに内蔵されてても良い。
SONYが自社でHMDを提供する必要はなく、サードパーティや他社のHMDを流用する。

Cardboardや、ハコスコでは最良のゲーム体験が出来ないと思います。
動作を最適化する為のセンサー、処理能力向上や外部機器の拡張性からGear VR型がVRゲームの本命と言えるのではないか。
↓ HMDと据え置きステーション?の関係、普及の鍵になりそうと感じました。ユーザー的には相互に互換性あるかたちにしてほしいですが、そうはいかないんでしょうね…。

「やっぱりオキュラスはPCが必要で、そのPCはWindowsになるので、そこのOSフォルダとしてのマイクロソフトとかなり密に仕事をしないと、いい体験ができるシステムはできません。」