新着Pick
259Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
通帳と銀行への届出印で払い戻しがなされた場合、権利者でない者に払い戻しても銀行は免責されるというのが従来の通説・判例でした。
(債権の準占有者に対する払い戻し)

銀行としては、たとえ盗まれたものであっても「通帳と印鑑」があれば免責された訳です。
ところが、最近、届出印の偽造の場合には銀行の免責を認めないという高裁判例が出ています。
銀行への「届出印」というのは、決して顧客を保護する制度ではありません。
銀行を保護するための制度なのです。
そうかと言って欧米のように「サイン」の文化は根付いていませんし、漢字のサインは簡単に偽造できます。
(アルファベットの筆記体は一筆が長いので偽造が難しい)
最高裁で決着が着く前に「印鑑なし」踏み切ったりそなにエールを送りたい。
故・細谷会長時代に、「銀行の常識は世間の非常識」を合言葉に改革を進めた、りそな銀行。今更ながらに、その言葉の正しさを感じる。
銀行のオペレーション改革は効率性向上が常識ですが、りそなのオペ改革は顧客の利便性に軸足を置いたマーケティング視点が特徴です。
印鑑という特殊性が伝統的邦銀業界の事務基盤を構成していますが、より高度かつ簡易な認証手段が利用可能な今、こうした動きが銀行業界の常識のガラパゴス化を促します。
銀行の顧客サービスが改善されることはもちろんいいことなのだが、顧客の側では、銀行に対する警戒心をより高める必要がある。「銀行と親しくなってもろくなことはない」というくらいの割り切りも必要だ。銀行は、「親しみやすさ」よりも「強さ」で選びたい。もちろん、銀行で「相談」したり(無料もダメ!)、まして投信を買ったりしてはいけない。
印鑑とかまだ言ってるのか。。
印鑑マジで廃止してくれ
「書類や印鑑がなくても預金口座を開設できるようにした」というのは具体的にどのような手続きなのか分かりませんが(よく金融庁がOKしたものだと不思議に思う)、画期的なことだと思います。
何処でも買える三文判でOKなのに、それが無くなったり、どれを使っていたのか忘れてしまったりした時の、あの情けなさと面倒さは尋常ではないですから。
確かシティバンクで口座を開設した時は、サインでOKだったように記憶していますが、日本もサインで済む世界に移行してもらいたいです。
公的資金を完済を経て、りそなが次世代型の店舗開発へ。地銀再編でも注目されるりそなですが、今後も目が話せない存在になりそうです。
書類や印鑑なしで口座開設可能となったのは大手行ではこれが初とのこと。相変わらず業界全体の話になると遅いの一言ですが、個別に見ればりそな銀行の動きは顧客の利便性向上を考えているという一点において賞賛に値するのだろうと思います。
古い習慣に縛られてしまっている業界で、「次世代型店舗のモデル」をつくり、実験的にユーザーの課題解決に取り組んでいくのは素晴らしいですね!
株式会社りそな銀行(りそなぎんこう、英語: Resona Bank, Limited)は、本店を大阪府大阪市中央区に置く、りそなホールディングス傘下の都市銀行。国内で唯一、信託部門を併営する大手銀行である。 ウィキペディア

業績

株式会社りそなホールディングス(英語: Resona Holdings, Inc.)は、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらいフィナンシャルグループ等を傘下に置く、金融持株会社。日本国内における金融グループとしては、メガバンクグループに次ぐ規模を有する、りそなグループを形成する。 ウィキペディア
時価総額
1.04 兆円

業績