新着Pick
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とても良くまとまっていますね.
以前から何回かコメントしていますが,ぜひ日本VRの父,東大名誉教授(にして未だ現役の)舘先生が,2012年の日本VR学会で講演された,以下の書き起こしを是非皆さんに読んでもらいたいと思います.
http://files.tachilab.org/publications/review/tachi2012JVRSJ.pdf

この中で舘先生はVRの三要素として
1)現実空間の距離と大きさが保たれた 3 次元空間がある
2)それに対して,実時間の相互作用がある
3)自分というものがその中に存在する
つまり,等身大の三次元空間,それへの実時間相互作用(リアルタイムインタラクション),そして,そこへの自己投射,であると書かれています.

この特集は,主に1)のための基礎技術の中の,さらに頭部に装着するヘッドマウントディスプレイが商用レベルになってきたという特集であると理解しています.例えば,先日NHKメディアテクノロジーという会社の展示会で,8Kのプロジェクタを利用した3D映像を見てきました.これは従来型の偏光メガネ方式でしたが,現実空間の距離と大きさが保たれた 3 次元空間が再構成されているという点においてはVRですし,非常にリアルで驚きました.あるいは,我々も研究で使っていますが,アスカネット社のAIプレートなど,立体映像技術もかなり進んできています.そういう意味では,HMDに囚われずにこのブームを見たほうが良いように思います.

舘先生は,このVRブームも予想されていまして,第2次VRブームが2020年ごろに来るはずだと.そのときのキーテクノロジーは
A)裸眼の立体ディスプレイ
B)身体運動の非接触計測
C)さわれる VR
とのことです.HMDですらないVR時代がやってくるのかどうか楽しみです.(その意味で,Magic Leapが何者なのか非常に興味津々です)
第1回では、VRのここまでの動きを時系列で追っていきます。
これを読むと、大枠の知識は得られるよう、作りました。
すごくよくまとまっていると思いますし、よく調べたのが伝わってきます。
が、少し現場の身として違和感を、視差が高めのNPならではの違和感を感じます。
VR元年と呼ばれるのがOculusなのか、そして、3つの壁が「酔い」と「ワイヤレス」と「キラーコンテンツ」なのか?
→今後の連載で回答が待っているかも?連載進み待ち。


個人的な所感ですが、VRと呼ばれるものをいわゆるハイエンドなOculusやPSVRとCardBoardが一緒になってしまっており、それぞれのターゲットや方向性がある意味ごっちゃになってしまってますね。

現時点での連載ラインナップと課題設定だとOculusやPSVRありきの記事だと思います。それなら、それでその範囲の記事はありですが、そうすると「元年」はもう少し先。Oculusの必要スペックのGeforce GTX970レベルのGPUを搭載した環境がどれだけあるのか?もう少しハードルが下がり、PS4がどれだけ普及しているのか?

次回以降、個別にインタビューが入るとの事なので、そこでの深堀りに期待です!
私も自分の知識が浅いと思われる「ハイエンド」の知識の補完をさせてもらいたいと思っております。

私の実施している事業としては、まずはCardBoardの手軽さとスマホでの表現力を知ってもらいたい、そこまで視差高くなくVR体験できますよ〜という立場なので、編集部と相違がある前提でコメントを読んでいただけると幸いですm(_ _)m
Facebookの張り方が凄いよ
最新の話題についてビジュアル的にもスマホで見やすくまとめられたコンテンツで素晴らしい。
コンテンツ面で言えばビルボード(ハリボテ)が使えないので制作コストがかかる。ハード面で言えばSIGGAPH2015でNVIDIAが試作した複数レイヤーで奥行きのあるHMDが登場しない限り立体視酔いの解消は難しい。個人的には、部屋にアートを飾るように、VR映像を流すディスプレイを設置して、視点に応じて映像が変化するとかが好きかも。
分かりやすいですね。VRは普通のユーザーとしてしか接してないので、少し深く知りたいですね。VR自体の進化は、コメントを読んでいると2020年くらいが広く実用化される時期ということですね。では、その時どんな変化が生まれるのか?スマホと同等の変化が生まれるということは、時間、場所、関係性などあらゆる社会的な側面が変わるはず。ちょっと、先出しでPickerさん達と話せると楽しいかな〜
わかりやすいビジネス観点からのVRの変遷まとめでゲソ。ついにVRが一般の人間の元に来る!と思うと胸が熱くなるでゲソ。個人的には @narumin さんのご活躍に期待してるでゲソ^ ^
それにしてもバーチャルボーイは未来先取り過ぎてたんでゲソね。事業としてはさておきすごいことでゲソ。
NYTのVRコンテンツをみて、ザッカーバーグの言う「VRのシェア」がどんな世界かすこしイメージついた。Googleが教育分野で掲げる「スクールバスに行けない場所へ」もイメージできてきた。前に進むと思っている。
FacebookがOculusを買収した時のビジョンがいいですよね。
Oculus利用してみて確かに酔いましたが、、、
経験のシェアから体験のシェアへと情報が変わるかもしれない。

地理や時間の空間の中での制約を前提とした今の常識が変わりえるチャンスを秘めている。エンターテイメント以外にもエンタープライズの世界でも活路はきっとあり、その世界で模索するのが自分の仕事でもある。期待大。