新着Pick
214Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
惣菜ですか、、、セブン-イレブンが展開している地域は都市部中心。オフィスで働く人がターゲットだと思うのですが、中国では日本以上に弁当宅配のサービスが発達していたり、上海であっても安い軽食の店も多いので、日本よりも競争は厳しいかもしれませんね。

それにしても、セブンイレブン、色々と工夫しているようですが、現時点では苦戦しているようです。昨年も、北京子会社は2億円の赤字だったようです。
http://jp.reuters.com/article/2015/03/31/idJP00093300_20150331_00320150331

ただし、上記記事によれば、北京には14年12月時点で173店舗あり、平均日販2万元(40万円くらい)のようですので、年間販売額はざっくり約250億円ちょっと。したがって、そこまで騒ぐ程の赤字ではないかな、とも思います。

ちなみに、セブン-イレブンは中国市場展開に際し、いくつかの手段をつかっています。例えば、、、

●上海:台湾企業の統一集団がフランチャイズ経営

●北京等北部:中国系商業施設大手の王府井百貨店と合弁で会社設立。(他にも出資者はいるかもしれません。未確認)

●重慶:三井物産、新希望集団(中国系食品大手)と合弁で会社設立(比率未確認)

合計で恐らく2,000店舗は越えていたと記憶していますが、オペレーションのレベル等は、各地域でばらつきがあるのではないか、と思います。

競合も店舗数拡大を進める中、「陣取り合戦」を急ぎたいものの、オペレーションレベルもあげたい、ということで、非常に難しい舵取りが求められる局面のように思います。
地場の安いチェーンはいくらでもありますので、差別化にはやはり「明るくきれいな空間」「安心安全で質の高い商品」が必要です。
そもそも、日本基準の照明の明るさや、内装の作りこみ、清掃、ファーストフード用のスペース、POS含めたシステムなどを入れていくと、地場チェーンよりはかなり割高になります。ただ、綺麗さや品質を求める根源的ニーズは一緒なので一定の支持は得られるはず。
問題は、追加コストとそれによるリターンがあうのかどうかで、これは丁度良いポイントを微調整しながらモデルを作っていく必要があるでしょう。もちろん都市/省によってもその最適点は異なるように思います。
併せて、下記記事での高橋さんのコメントを読んでいただきたい。海外での惣菜調達先はどうしているのだろう?この記事読む限りは現地系もわらべや日洋といった日系も、両方活用している印象だが、比率は気になる。
https://newspicks.com/news/1240664?ref=user_100692
この記事を読むと、去年上海福喜食品の「使用期限切れ鶏肉」事件を思い出すわ。
福喜工場では半月ほど期限が過ぎた肉をそのまま製造して出荷された。出荷された食品の供給先は、マクドナルド、ファミリーマート、吉野家、スターバックス、ケンタッキーフライドチキン、ピザハット、セブン-イレブン(セブンーさん去年は大変だった)などと報道された。
中国で、食品生産悪徳業者は経済的利益追求のために、人体の健康を無視して、有害な食品を流通するという事件が多数報道されていく。
食品の安全問題を解決するため、中国政府は2003年に国家食品薬品監督管理局を設立した。今年10月1日、中国政府は新たの「食品安全法」を提出し、レーサビリティ制度を確立しました。10月末の十八中全会でも食の安全管理強化を目指している。

参考「中国食品の安全性をめぐる重大事件」

2003年 DDTが中国茶から検出
2010年 地溝油を食用油として中国全土の飲食店で使われる
2011年 「赤身化剤肉」と「注水肉」などは流通
2013年 キツネ、ミンク、ネズミの肉に着色料等を添加、羊肉であるかのように装い
2014年 上海福喜食品の製造卸した食肉が消費期限切れた
もはや中国の食に安全はない。
環境と食は社会問題だ。日本の管理を
中国に提供し環境も食も改善する事を
中国政府も望んでいるはず。日本の管理
技術はアジアを守る事になる。
いい徹底だと思います。ライフサイクルが進めば、必ず「安心安全」志向が高まります。また高購買頻度の業態では、本質価値(食なら美味しさ)で優劣が決まってくるので。
中国で食の安全を担保する動きは、国としての中国においてもウェルカムなことだろう。
諸外国から日本のクオリティの高さが認められるのか、それとも広義な意味で中国という国の評価が上がるか。
「Mada in Japan」が中国人に好まれているので、いくら品質にこだわっても、「Seven premium made in China」で信頼を勝ち得るには時間がかかるでしょうね。
自社の差異化ポイントを踏まえているという点で首尾一貫している。セブンらしい。文句ない。
つい最近仕事で上海に行った時夕食が面倒だったのでコンビニで済まそうと思い、ファミマに行ったけどあまりにもの不味さに、日本のコンビニのクオリティの高さを認識しましたよ。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.50 兆円

業績