バナーイメージ

やりたいことを決めるのは、直感

宝槻泰伸「理想の教育は、子どもの心に火をつけること」

2015/11/12
カドカワが2016年4月を目指して、インターネットを利用した通信制高校「N高等学校」を開校すると発表し、大きな注目を集めている。10月14日に詳細が発表され、通常の学習とあわせて、各界のプロフェッショナルを講師に迎えた「dwango×プログラミング授業」「KADOKAWA×文芸小説創作授業」「電撃×エンタテインメント授業」などの「課外授業」が受けられることなども明らかになった。
今回、N高等学校の取り組みに対して、各界の著名人からメッセージが寄せられている。彼らは、自身の学生時代から現在に至るまでの経験を踏まえ、教育に対してどのような思いを持っているのだろうか。最終回は、学習塾「探究学舎」代表・宝槻泰伸のメッセージをお届けする。

高校を中退し、大検から京都大学に進学、大学卒業後に起業。数年前に学習塾「探究学舎」を設立して注目を集めているのが宝槻泰伸だ。

探究学舎では、一般的な塾のように受験特化型の詰め込み教育は行わない。「面白い、知りたい、と心に火のついた生徒は自ら学びはじめる」を信条に、教材は歴史漫画や映画、動画などを用いる。教室では、問いを立てて、子どもたち同士でディスカッションしながら学び合う時間を重視している。

また、通常の授業も一風変わっている。たとえば、数学では、単に公式を暗記するのではなく、どのようにして計算技術が生まれたのかを、数学史から学び、英語ではスティーブ・ジョブズのスピーチを暗唱する。一見非効率にみえる取り組みだが、これにより学ぶ意欲が生まれるのだという。

この授業形態は、宝槻自身が子どもの頃に受けた家庭の教育が大きく影響している。父親が漫画や映画を買い与えて勉強に興味を持ってもらうように導くなど、独特な教育の下で学習に取り組み、大学に合格できたからだ。宝槻家では、三兄弟が全員この方式で京大に合格している。

塾経営の傍ら、『強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話』(徳間書店)、『勉強嫌いほどハマる勉強法』(PHP研究所)などの著書でも教育論を展開している宝槻からみた、現在の教育の課題はどこにあるのだろうか。