新着Pick
227Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ラームやノイアー、ロイスらは優等生発言が多く、強烈な個性が足りない。」というのはとてもよくわかる。
それでも彼らはスーパーな選手だけれど。
今はわからないけれど、自分がJリーグや代表を取材していた時は、質問に対してみんな同じ優等生回答をするのでつまらなかった。特に若い選手にその傾向が見られた。
もっと魅せるためにも、メディアコーチの必要性は大きいと思いました。
なかなか表に出てこないメディア対応の技術。興味深い。
日本のオリンピアンはちゃんと教育されてると思うんだけど、なんでスノーボードの國母みたいな事態が起きたかなあ。
このトレーニングは経営者にも必須ですね。とくに失礼な質問に怒らない経営者は、器が大きく見えます。模範解答をする経営者が増えると、メディアとしては困りますが。。。。
プロ野球でもこうした教育をするべきと思う一方、メディアが答えの決まった質問や、浅い質問ばかりするのも問題点。それはそうと、本文にある怒らせた質問事例が面白い。それなりの時間のインタビュー時間があれば、怒らせたり、感情を出させるのも質問者の技量だったりする。
メディアトレーニングの利点には、受講者にプロとしての自覚を植え付けるという副産物もあるように思います。
メディアコーチなるものの言葉が新鮮。合点がいくのも確かだけど、社会人として至極当たり前のことをいってるようにも聞こえるし、スポーツマンに限った話ではないなと。
服装も含め、その場に敬意を払い、心を込めて、真剣にその場に向き合っているかが問われる項目ですね。
メディア研修で「圧迫インタビュー」。ぜひJリーグにも取り入れて欲しい。
本質的には読書しかないと思う。
日本のスポーツでもメディアコーチを取り入れた方が良いのでは?ただこういう流れを良いことに大した力もないのにコーチを名乗る詐欺師まがいな人も出そうですね。