新着Pick
1235Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にあるように「CCCがヘマしたのは確かだけどバッシングが行きすぎで気持ち悪いなあ」と感じていた中でようやく、公平な視点からの記事を見ることができ理解が深まった。
大論点は6ページ目にある「一部の本好きだけが恩恵を授かる公共サービス」ではなく「地域コミニティの人々が気軽に集う図書館」へのシフトを進めるか、現状維持するかということですね。税金を使った「図書館」という場がどんな場であるべきかということが本筋であって、そこの議論をちゃんとしたほうがいいですね
【追記】
コメントでもTSUTAYAに対する批判が見かけられますが、以前の記事ではCCCに委託して「来館が2.5倍、貸出2倍、市民の9割が評価してる」ということがあったので追記しておきます。この実績があってもなお批判なのかは皆さんに問うてみたい
https://newspicks.com/news/1229348
TSUTAYA図書館問題を非常に公正な視点から俯瞰した記事。必読。本を愛する人なる存在の胡散臭さが浮かび上がる
「本を愛する」私にとって、非常に勉強になる記事でした。公共図書館にはほとんど行きませんが。
CCCは代官山の蔦屋書店のような良質な書店を展開してくれれば良いと思います。無理に公共図書館に入っていかなくても。民間企業には民間企業の良さがあるのだから。
因みに、先日伺った、味の素の高輪研修センター内にある、「食の文化ライブラリー(食の専門図書館)」はすごく楽しかったです。公共の図書館では、こうは行かないでしょう。
【社会】TSUTAYA図書館問題というよりも「選書問題」が扱われているといった感が強い。私はTSUTAYAだから嫌なのではなくて、レファレンス能力を持ち合わせていない書店が運営する図書館が嫌なだけ。書籍についてある程度専門性やレファレンス能力を有する司書が配置されている従来の公設公営の図書館においてすら選書や廃棄の問題が起きているのだから、レファレンス能力を持ち合わせていない書店が運営する図書館に、従来の図書館以上のレファレンス能力を期待することは難しい。

既存の公設公営の図書館の選書や廃棄について見直すことや利用頻度を上げることについて異論はないけれども、それがTSUTAYAでなければならない理由はどこにもない。指定管理者制度を用いるのであれば、丸善ジュンク堂や紀伊国屋、三省堂といったノウハウを持ち合わせた書店が運営する図書館の方がTSUTAYAよりも望ましいと思う。

追記:
私も斎藤陽さんが書かれているのと全く同じ体験を代官山蔦屋書店でした。書店であるのにもかかわらず、とにかく書籍を探しにくいため、書店としての機能を果たしていない。そんな書店が運営する図書館なんか利用したいと思わない。
図書館が提供すべき価値とは何か、考えさせられる。
発祥を考えればストックとしての資料的価値、需要から考えればフロー的な娯楽(流行小説やDVD、漫画など)、費用対効果(利用者数)から考えればにぎわいなどの「場」やサービス。
今主にストックを担うのは県立図書館だと思いますが、それ以外にも機能分化があってよいと思う。子供にとって活字が身近になるような場づくりがあってもよいのでは。
図書館が、どんな選書だったら ”常識的”で”公平”な選書なのか という問題が確かにあるなと感じました。

自分に取って図書館は、本を読むというよりも受験勉強の場所でした。本棚が一つもない閲覧室でひたすら勉強していたのですが、周りを見ると
確かに本を探してる人もいるけど(自分もしますけど)基本的には自分の”仕事”を静かな所でしたい。というユーズが大多数で、
今、本当に本が読みたくて図書館に来る人って、特に私の世代ではあまり居ないのではないでしょうか。

選書という所に戻してみると、私は中学生のとき図書委員で毎年30万以上の図書を委員会で買い出しに行きました。
そこでは、中学生が選ぶので、ライトノベルや可愛い手芸の本、アニメの解説本などが大半を締めていました。
ライトノベルに関しては入学当初は無かったのですが、一回入ってくるとどんどん学生が買うのでどんどん増えて行き、一つの棚全てがライトノベルになりました。
結果として、利用者数は激増し、司書の先生は本好きが増えたとよろこんで居ましたが、
果たしてこれは今回の件などを考えてみてみると、”TSUTAYA図書館を批判する人”からすると批判対象なんじゃないでしょうか。

それに対して高校(科学技術科)はほぼまったく文学はなく、ほぼすべてが技術書でした。そして、今大学では、ポリシーとして小説はほぼ扱わないようです。(驚く事に武者小路実篤の割と有名な文学小説が無かったりします)

公平、公平、と詰めて行くと結局国会図書館になるので

選書ってものすごく難しいな、というのと、
無理やりまとめると公立図書館も、最近話題の個人図書館カフェ みたいな感じで、
ある程度の選書ポリシーを決めて、公開して、それに即した選書をする方が分かりやすくていいと思いました。
私は図書館が大好きで、小さいころから通い詰めているけど、分類なんて気にしたことがないけどね。本棚をぶらぶらと歩いて、「あ、なんか、これ」って手に取って、それで、躊躇せずに読み始められるのが、図書館の醍醐味。

検索のしやすさは確かに重要なのだろうけど、本との出会いも、私にとっては重要な要素。

昔、児童書のコーナーでふと手にした翻訳ものが、児童書とは思えないディープな内容だったけれど、それはそれで多感な思春期に、最終的にはプラスになったりするのだろうと。
「図書館はファッションではなく、子供たちの知育の場」
違います。受験勉強するところです。

本は好きなのが無けりゃ要望すればいいし、嫌だったら読まなけりゃいい。

「こうあるべきだ」っていうエゴを押し付けたらいかんよ。

(追記)
なおやさんのコメントが全てですね。
堀江さんが強く勧めるので読んだが、ちょっと長過ぎる。このような大作なら、冒頭に要約を入れて欲しい。個人的には、図書館という公共施設はもっと民営化すべきと考えます。
TSUTAYAと樋渡さんをほめちぎったメディアが、今度は水におぼれた犬を叩いています。当初からこの問題は一部で言われていました。手放しで民営化がいいという声で実施したのですから、今度はもう改善される様子を見てから批判すべきでしょう
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(Culture Convenience Club Company, Limited)は、 Tポイントを中心としたデータベース・マーケティング事業、「TSUTAYA」(書店・レンタル店)の企画とFC展開事業及びインターネット事業、出版・映像・音楽製作・企画等エンタメ分野におけるSPA事業を行う日本の事業持株会社である。 ウィキペディア

業績