新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

108Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカ礼賛という意味ではなく、複数の専門性を持つ人間が、アメリカにはゴロゴロいます。これが、日本との大きな差です。

ハイフニスト育成の最大のカベは、日本社会の縦割り構造。社会が変動期に入ると、既存の枠組みが壊れ始めるので、自然とハイフニストが増えてくるような気がします。
二つの専門性。。。マーケティングとテクノロジーだけでも大変だ。
人文社会科学系学部の廃止には反対だが、リスク分散のために、より役に立つ分野でも戦えるように、もうひとつくらい学位取りに行きたい(違
変化に対するスタンスの議論、共感します。変化を拒否する理由はいくらでもつけられるけど、メリットとデメリットを公平に比較するリテラシーを持つ必要がある。こういうことを学校で教えるべき。

(抜粋)
今、日本でも外国人のメイドさんに来てもらおうという動きがあります。そうすると必ず、「子育てをメイドに任せるのか」というような、これまた、さっきのおむつの議論と同じ議論が生じるわけですよ。

それを日本の高校生もずいぶん心配して、向こうのメイドさんを雇っているお母さんに、直接インタビューしたんです。そのお母さんの言葉が面白くてね。「いや、メイドを雇って、いろんなことをやってもらえるから、子供と話す時間が増えるんです」。

だから結局、変化というのは必ずそういうものなんですね。その変化ということに対して、われわれがそれをポジティブに受けとめる、その姿勢が重要なんですよ。変化は受け入れる。必ず副作用はある。それに対しては対応策をちゃんと考える。