新着Pick
544Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プロになろうがなるまいが、他の事には目もくれずその競技だけずっとやるべきだという価値観を無くすべきだと思います。どんな選手でも社会人となるための最低限の教養は必ず身に付けさせるべきです。

まず、教養を身に付け「自分で考える」という習慣がつけば選手としての可能性が絶対に広がります。

また、例えプロになったとしても、引退した後のセカンドキャリアについて考えなければいけません。今までその競技しかやってこなかった人のセカンドキャリアがプロ野球やJリーグでは大きな問題になっています。引退してから対応するのでは遅いです。

スポーツを本気でやったことの経験は社会人になって必ず役に立ちますが、最低限の教養を身に付けなければそれも活きません。

日本のスポーツ界において、引退後に実業家として活躍する元プロ選手、プロになれなかったが社会人として大成功する人がアメリカに比べて圧倒的に少ないのはそういったところではないでしょうか?

さらに言えばその競技界から、実業界や政治の世界で活躍する人をあまり輩出してこなかったことが、日本のプロスポーツが実業団を抜け出せない原因だと思います。

プロを目指す、目指さないに限らず、学校の勉強や学校行事もしっかりやらないといけないという価値観を持った選手、指導者を輩出していくことが今後のスポーツ界の将来に関わってくると思います。

埼玉県立浦和高校の理念が共感を持てて好きです。

「少なくとも『勉強、部活、学校行事』の三兎を追え」

(追記)
ちょっと武井さんの話とずれてしまいました。
武井さんのいう様に「トップでも生活できない競技を続けていく場合に工夫してマネタイズ」するためにも上記は必須だと思います。

アメリカンフットボールも同じ状況なので、力が入って長文になってしまいました・・・

(追記)
熊茶さんのコメントに同意です。
駄目だった時のことを考えろっていう話では無いですね。
やりたいことを続けていくためには知らなければいけないことがその競技以外にも沢山あるってことですよね。
まあなかなかこの結論に納得できない子供達や親が多いのだよね
このような教育もさることながら、そもそも、プロのスポーツ選手になるのがどれだけ狭き門なのか、ということを教えるべき。
勉強して大学まで行ってもそれだけでは何もならない、とは言いますし、確かにそうかもしれません。ですが、それでも、スポーツだけやっていてプロになれなかった場合のダメージの方がより強い。それで潰れている人達がどれだけいることか。勉強「も」しておくことの重要性は否めません。
これ、スポーツだけじゃなくて、専門について決めるときにはそれが何でも…美術でも、音楽でも、医学でも、マーケティングでも同じ…知っておくべきこと。お金がなければ本当に何も出来ないのだから。だって稼がないと(普通は)生きていけない。

ジュリアード音楽院の卒業生でも、音楽で食べていける人は2%と言われている。しかも、最近需要の多い作曲などと異なり、演奏で食べるのは世界でも至難の技。
日本には40以上の音楽大学、音楽学部があって、声楽家の卒業生だけで毎年800人くらいが誕生している勘定になる。
そのことを知った上で、その世界に踏み込まなくてはいけない。
武井壮さんのキャリア観はいろいろな業種について言えるだろう。たとえば研究者についても。学部4年、修士2年、課程博士(最短)3年しかし(また少なくない確率で文系の場合、ぼくの場合も)6年の少なくないコスト(含む、機会コスト)をかけて、たどり着く任期付きポストの実態や給料水準等。そして「それでも、なお」「それなら、他所に」と自分自身が納得できるかどうかが重要な気がする。とはいえ、ぼく自身もまだよくはわかっていない。
これは本当にそうですね。武井氏が言うと説得力がある。昔上田桃子が叩かれたりもしましたが、プロである以上稼ぐことに執着する面はあって当然。「アスリートなんだから収入とか関係なく頑張れ」と思う人は金まみれのワールドカップやオリンピックなんかを見ない方が良いと思います。
これは、スポーツだけではなく、「やりたいことをやる」という、よく就活とかで言われること一般で考えた方がいいこと。就活支援の人も、志望先についての情報提供する際にもこういった現実的な点についても指摘すべきだと思うし、学生自身も確認すべきだと思う。
中高で甲子園を目指して6年間を野球に費やしてきたけど、大学は費やしませんでした。小さい時からプロ野球選手になることを夢見てたけど、確かにプロの収入や待遇は知らなかったなぁ。でも、1つのことに没頭してきた青春時代もあながち悪くなかったな、と今では思うようになりました。もっと勉強(特に英語)をやっとけば、という思いはありますが。。。
これは全ての職業でそう
バランス