新着Pick
179Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
そんなに簡単に臓器はできません。細胞の種類もあり、構造物の奥に栄養が流れず細胞が死にます。再生医療でうまくいっているのは、混ぜて放置し自己組織化的に組織をつくる方法です。でも、将来的にはプリンターで臓器ができるかもしれませんね。
なかなか簡単にはいきませんね。肝臓ひとつとってみても、肝細胞の他に血管や胆管、その間を埋める組織が必要になります。そして胆管は全てを総胆管に繋いでいかないといけない。臓器再生のハードルは高いです。
医療における3Dプリンターの活用は幅広い。

既に、歯科、義手・義足で使われているし、医者向けに手術前に練習できるシミュレーター(骨、血管、内臓、ひだのセット)も開発されている。また、再生医療に向け、再生臓器を3Dプリンターで創るサイフューズみたいな会社も出てきている。

今後の広がりに向けては、プリンティング技術、材料、データ、人体反応など多くのハードルはあるが、是非進めてほしい。オーダーメイド治療を通じ、人体は益々サイボーグ化していくのだ。。。
3Dプリンターでできることは限られており、過大評価はできないと思います。
さもなくば「何のためのIPS細胞なのか?」ということになりますから。
ゼリーを使うものよりも、もっと高度な成形を行得るようになってきています。とはいえ、皮膚・血管・角膜など、単組織のものが中心です。歯のように発生学上複雑な複合組織はまだ作れません。複雑な組織は3Dプリンティングよりも別生体の中で「製造」した後、移植する研究が進んでいます。人間のDNAをもつ肝臓を豚の体内で作り、それを元のDNAの人間に移植する、というものです。(1つの生体の中に複数のDNAをもった個体のことをキメラといいます)
3Dプリンティングで腎臓を作ったケースがあったようですが、あれにはあっと驚かされました。単組織のもの以外は、3Dプリンティングによる成形はできないと思っていたからです。まあ腎臓は血液をろ過するスポンジのような組織で、心臓や肺に比べればシンプルではありますが・・・。そうした取り組みもその内紹介したいと思います。
安井さんも書かれているように、本当の意味での実用にはまだまだハードルの高い分野だと理解しています。一方で、個人の形状に特化したパーツが出来上がるというのは、夢の広がる話でもあります。
個人的には、複雑な形状をしたゼリー(スイーツ)として売り出せば売れそうだなぁと、筋違いな感想をいだきました
《テクノロジー》自分の細胞でプロトタイピングって新しい。カラダに適合するクスリを試したり、治療のトライアル&エラーが出来る?
まだまだ難しいでしょうが、人間の創造できることは必ず実現する。ここまで進んでいるものの実用化は思っているよりは早いのだろうなと。
バイオペーパーは、ES細胞や、遺伝子情報の解析がもっと進んでから

人口骨や歯、専用器具にはもう重宝してるんじゃないかな