新着Pick
581Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とにかくスマホシフトが遅れています。フェイスブックの力の入れようと比較すると非常に。それは楽天も同様ですが。そういう時にゲームチェンジャーが現れがちです
堀江さんの冷静な分析。アマゾンが一見便利すぎて、「アマゾンの弱点はどこか」を考えることがなかった気がします。

個人的には、スマホではアマゾンをまったく使わなくなりました(わたしだけの話かもしれませんが。。。。)。今後、消費のカギを握るミレニアルズ世代が、アマゾンをどう思っているかを知りたいところです。
「本が好きではない」「エモーショナルな訴えかけがない」というのは正にそうだと思うが、それが「弱い」と捉えるのかは色々と議論があるところ。
この辺はやはり尾原さんの論が一番しっくりきていて、そもそもインターネットはアメリカで生まれたものであり、アメリカ社会は多様な価値観を持った人が入り混じるローコンテクストな世界なので、だれが見てもわかるような規格化、前提知識が必要ない設計になるものでアマゾンも如実にそれが表れている。官能材と機能材なら機能材だし、すりあわせとモジュールで言えばモジュール的だしデジタル的。小売の雄のウォルマートだって同様。
一方で、日本は同一民族である程度のことは「あ・うんの呼吸」で分かるハイコンテクスト社会であり、楽天の作りはそこを前提としたものであるとのこと。うるさくおせっかいなサイトの作りも、ホリエモン氏もうざがっている頻繁なメールも(少々やりすぎとは思いますが)「買い物のプロセスを楽しむ」ために設計されている。アナログを組み合わせることによって「高揚感」を演出しているとも言えます。
今のことろこの設計でうまく行くのは日本だけであることが、楽天が海外で苦戦している要因だし、日本で踏ん張れている要因なんだとは思う。
問題はこの「日本的ハイタッチサービス」は、世界一消費が成熟した先進日本で現れている先進的な現象なのか、日本固有のガラパゴス的な思想なのか。仮に前者であり、例えばアジアが発展していった先にそのような世界が来るなら楽天にもチャンスありなんでしょうね
面白い!僕がamazonをよく使う理由は検索性と決済性。商品のことは、最初から買うものが決まっているか、またはどれを買っても大差が出ないコモディティー。つまり、買い物を楽しむという要素は実はamazonには無い。一連の行為をさっさと終わらせたい。楽天はその真逆。滞在時間にわくわくする。GRAも自社のプロダクトを売ってるが上記2社を明確に使い分けていて、amazonは既にミガキイチゴのシャンパンを知っている方に楽して買ってもらうツール。楽天は知らない方に対してストーリーを伝えていくためのツール。
今回の堀江さんの話を読んで、ベゾスがもともとDEショーというクオンツ分析ゴリゴリのヘッジファンドにいたことを思い出しました。ユーザーの個別事情の理解とかには興味なくて、1つの記号として大規模な定量データに組み入れて分析していくことが、ベゾスは好きなのでしょう。その意味でAWSというのは、収益性が高いだけでなく、彼のスタイルと相性が良いビジネス。
アマゾンは、one clickで買えるものをカバーし、パッケージング、ロジスティックス、多品種商品管理をIT企業として徹底的に活かす。そして、そこで培った能力(ストレージ等)を更にサービス化して販売。反面、エモーションには訴求できていない。

この意味では、本はもっとデジタルなんだから自由になれるし、メルカリのようなC2Cの世界も出てきていることを考えると、アマゾンも盤石ではない。

もう一つ、今後の世界でアマゾンがチャレンジだと思うのが、EC/Digital marketingに加え、Digital Healthの世界が足された場合。これまでは、人間が自分が欲しいと意識的に感じているものが「ニーズ」となり、この情報さえ押さえれば「欲しいもの」を提供出来た。

しかし、i-WatchなどのWearables/Wearing clothes/体内埋め込みデバイスなどが発達すると、常時体の状態が可視化される。既に、Googleが開発した血糖値管理のコンタクトレンズはNovartisが製造・販売するようなもの。となると、体が欲している「無意識ニーズ」をどう捉えるか、ということが今後の焦点になってくる。体内状況に応じた食、皮膚状況に応じた化粧品などだ。

こうなると、正にデバイス作り、Digital healthデータの取り方も含め、進化していく必要があると思う。
確かに、本を買う時にレビューを参考にしたことはない。Amazonの中で本を探すこともなく、「この本が欲しい」と思った後で、Amazonに行くという導線。
とても同意。基本的に感情を排して、インフラを抑えて、そのインフラから論理で取れる・勝てる事業をどんどんやるという会社。ただベゾス自体はtoCに行きたい欲求はあるのだと思う、たまにFire Phoneだしてみて、ベゾスがこだわり過ぎて失敗したり(下記記事)。Xiaomi買っても、結局そこのセンスや情熱がなければ、電子機器のサイクルが早い中でダメな気がする。これを買収したZapposのトニー・シェイとかが見れば、結果は違うかもしれないが。
あと、AWSは「Amazonらしからぬ利益の出し方」をしていると思う。CFベースでは、従来からのEC事業の存在感は圧倒的に大きいと思う。AWSの成長性はもちろん魅力だが、投資家期待をそもそも長期にわたって支えていたのはCFの方の話と成長性だし。
https://newspicks.com/news/772476
この記事めっちゃ面白いな。アマゾンの根本思想はワンクリックであるというのはすごく面白い。
ポイント戦略は楽天は非常に日本的。チラシで目玉商品は値引きするけど、カゴの中に入っている商品全体ではきちんと儲けを出す日本のスーパーと同じ。お得感を楽しむ文化がある。
日本のハイ&ロー戦略 vs ウォルマートのEDLP
西友がウォルマートに買収されて最初は苦戦したevery day low price戦略で西友は特売を止めた。
アマゾンのポイントは楽天のポイントセール攻勢と対極をなすが、個人的にはアマゾンで買う。ここは明確に客が分かれているところ。どう動くかはまだなんともいえない。
ちなみに西友のEDLPは客数よこばい。単価は上昇という結果になっている。成功していると言える。賢い消費者を着実につかんでいる。
と、なるとアマゾンが勝つ可能性が高いと思う。
この連載について
1995年、書籍のeコマースからスタートしたアマゾン・ドット・コムは、20年の時を経て、売上高10兆円を超える巨大企業へと成長した。eコマースは、衣服、家電、食料品、医薬品、コンテンツなどあらゆる領域に広がり、クラウド、広告、ドローン、ロボット、動画制作などの分野でも存在を拡大している。アマゾンは、日本でもあらゆる業界を席巻していくのか。各分野の日本のトッププレーヤーたちはアマゾンに勝てるのか。業界別に競争の行方を占う。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
94.7 兆円

業績