新着Pick
253Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
町づくりの専門家である加藤先生と対談させていただきました。少子高齢化が進む中、人口減少と限られた予算でいかに町の機能を維持するかというお話は、大変興味深い話題でした。

実は、加藤先生とはほぼ同世代。私もそうでしたが、地元の国立大に入学し、すぐに免許を取ってクルマを乗り回したというクルマ好き。「町づくりや公共交通を専門にしていると、クルマ好きじゃないと勘違いされるんですよ」と先生に自身もおっしゃっていますが、私も環境問題や技術を専門にしていると、頭でっかちでクルマ好きじゃないと思われることが多く、先生のお話にウンウンとうなづいてしまいました。

「クルマを好きで、その魅力がわかる人の方が、クルマと他の交通が共存して利便性の高い町が作れると思うんです」という加藤先生の今後の町づくりに期待したいと思います。
高齢化が避けられない今、まちをコンパクトにし、交通はどうするのかはとても大きな問題です。名古屋大学の加藤博和先生によると、「シェアリング、パーク&ライド、レンタカーを導入すればするほど、まちが歯止めなく拡散してしまう危険性を抱えている」とのこと。カーシェアやパーク&ライドを普及すればいいというような単純な話ではないことが分かります。クルマに求められる役割も変わりそうです。
プリウスは近々大きくリニューアルするそうですが、プリウスPHVがどのように生まれ変わるのかも注目です!
これからの少子高齢化時代において、コンパクトシティの視点は決して間違いではない。しかし、地方は平成の大合併により多くのの地方自治体が合併している。合併前のそれぞれのまちには中心部があり、それぞれ特色ある文化や伝統が存在するのだから、これをひとまとめにするのは容易ではないし、守るべきものはまもらなければ、地方の魅力は加速度的に減少してしまう。
地方では、過疎地と中心市街地を路線バスなどの公共交通機関でつないでおり、高齢者や子ども達の移動手段として欠かせない役割を果たしている。EV車はまず路線バスなどに導入すべきではないだろうか。
都市構造が変われば、バッテリー量は少なくて済む。バッテリー量少ないことは、購買者にもコストメリットがある。ただ、これは軽自動車という「道具」を買うのと同じ発想ではある…この現実論とFun to driveの両立は、自動車が趣向品でもあることから、メーカーとして色々考えられているところだろうと思った。
スポーツ庁ができたんだから、是非コンパクトシティにスポーツ施設の場所を十分に確保できるようにコンセプト作りに積極的に参加してほしい。
さもないとコンパクトシティではスポーツ施設の不足が起こるのは目に見えている。
新しい街の在り方、を考えるのは本当にクリエイティブ。
まちが小さくなったときの交通のあり方、街の中心の置き方。社会課題にあわせてテクノロジーも街も進化する。一度作り上げてしまった社会だからこそ刷新は簡単ではないけれどチャレンジしていく。遷都は意味があったのかもなぁとふと感じました。
根本的に間違っているのは、地域をいっぱひとからげに論じていることです。地方分権にすれば簡単なことです。
コンパクトシティ構想ですね。エネルギー消費を抑える都市が必要です。なかでも車のエネルギー効率は非常に悪いので、どのようにもっと効率の良い交通機関にシフトさせるかが重要ですね。
あとは、立地も大きく影響します。住民の総移動距離を短くするような立地。日本ではあまりここを考えられて計画されていません。加藤先生も「みんなが同じ方向に自然と動くような都市の構造と交通網の整備を進めていくことになります。」とおっしゃられています。

大学院生時代、交通と環境が研究テーマだったので、当時博士課程だった加藤先生の研究論文はよく読みました。加藤先生はデータの分析がすばらしく、しっかりと数値に基づいて仮説検証をされていました。さらなるご活躍を期待したいです。
ぎゅっと詰まった街に変えていく。
スマートシティの一歩目は、スモールシティ
街づくりの専門家っているんですね
交通に不便がない東京に住んでると、あんまし不満がなくてスマートシティの必要性がさっぱり分からなかったりもする

そもそも、パナソニックがやろうとしてた電気製品だらけにするとか自動車とか、なんか方向が偏っていると感じてしまう、電気と交通ばかりで、ゴミとかソーシャルとか、他方面は軽視されてるような

スマートシティについて考えるなら、世界の色んな街を見てこないと、なにが共通する問題なのか、なかなかみえてこなさそうだ、
世界中のひとたちを集めて話合える場があれば便利よな