新着Pick
426Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
アップルはアンドロイドのお陰でどんなに儲けても独禁法に抵触しないので実は有利。シェアなんて関係ないもんね
数ヶ月前にガラケーからスマホに変えようと思っていて、電気屋さんを回った時がある。
携帯をよく落とす私なので、電気屋さんに行く前はAndroidの方がiPhoneよりも画面が割れづらいと聞いていたからAndroidにする気まんまんだった。
でも実際に手にとって試しに使ってみると、慣れもあると思うけれど使いやすさと画面のアイコンとかのデザインで圧倒的にiPhoneだな〜と思った。
機能とかは実際スマホにPCレベルを求めていないから、中身のデザインと使いやすさを重視ししたスマホがいいな。
そんな私はガラケー、iPod touch、MacBook Airを基本持ち歩いています。
「Androidの世界はサムスンへの一極集中が進んでおり、以前よりブランドの選択肢が少なくなっている」のくだりはおかしいですね。一極集中ではなく、多極化に加速がかかっている。

大型スクリーンもあるとは思います。Galaxy Noteが開拓した市場はだいぶPlusが持っていきました。そこに中国市場への参入が同時期に重なったので、このような結果になるのでしょう。

今後は廉価はAndroid、高価はiPhoneに分かれる気がします。で、廉価のAndroidを使ってた方々が経済状況が良くなると「いつかはiPhone」(元ネタが古くてすみません(>_<))

日本市場においては、Androidよりも「実質価格」がiPhoneのほうが安価に設定されているのと、ドコモの旧Androidユーザーのリプレイスがちょうど完了する2年経過、になりますね。
ここの記事内容と日本での乗換理由は若干異なる構造かと思います。
価格が高くてもiPhoneに乗り換える人が多くなってきている。価格が、二極化する中でハイグレードは画面が多くなったことで明らかにiPhoneのメリットが大きくなってきている。
柴山プロご指摘の、所得の視点とアンドロイドからiPhoneへの移行、私も起こると思います。インドネシアについては、下記の現地出張レポートで書いています。インドネシアはまだiPhoneが出荷台数ベースでトップ5にはいっていません。Samsungまたは謎の現地メーカーで全てアンドロイド。何年かするとiPhoneが入り始めるでしょう。
*参考記事「インドネシア、スマホエコノミーの潜在力」
https://newspicks.com/news/1180320

一人あたりGDPがインドネシアの3倍あるマレーシアは、手元にデータがありませんが、体感としてはiPhoneユーザーがはっきりと増えている。一人あたりGDPがインドネシアの2倍弱のタイもiPhoneユーザーは目立つ。

不思議なのはベトナムのホーチミンシティで、やけにiPhoneユーザーが多い。取材した人の話だと、「どうなんだろ。見栄っ張りなのかな。自分の部署の人7人中5人はiPhone。残りはGalaxyとblackberry」とのこと。一例ですが。
iPhone5/6、Nexus5/6両方相当に長く使ってきたけど、UIの作りこみと音楽との相性ではiPhoneの勝ちだと思う。その代わり、Google apps系での作業ではAndroidがやっぱり使いやすい。

音楽好きだけどGoogleなしに仕事できないので、悩ましい。
BlackBerryがAndroid OSを使用したスマートフォンをローンチしますが、ぜひゲットしたいと思う自分は珍しい属性?

個人的に没個性なiPhoneには、全く興味がありませんし、何故日本人の多くがiPhoneを愛用しているのか納得がいかないのです。
ずっとiPhone使ってきて、途中で併用、今はAndroidなXperiaだけ使ってる。
でも次に買うとしたらiPhoneかな。AndroidはNEXUS以外は買っても長く使えないのがネック。
Apple製品はOS8時代から様々なものを公私共に使っていますが、特にiMac(2002)、iPhoneがリリースされたあたりから、iTunes/iPodモデルをベースとした製品間のシナジーが長年培われてきたという印象があります。
そんな製品群で徹底されているのは、Unboxしてからコンセントに接続すればすぐに使えるようになっているという点です。

Androidのウィークポイントは、他のOSとのシナジーを他社のエコシステムやリリーススケジュールに依存してしまっているという点です。それはAndroidと並び立って本来市場にシェアを伸ばすべきだったChrome OSがシェアを伸ばせずに萎んでしまったことだと僕は考えています。

昨今IoTが話題になっていますが、あらゆるものがインターネットに接続して並列化するということは、互いのデバイスが導入時からストレスなく認識され、かつそのシナジー効果を発揮できる必要があるということです。そうした条件が現時点で最もバランスよく整っているのがAppleの製品群なんです。

余談ですが、うちの父がWindows10から自宅のプリンタに出力できず困っていましたが、PDF化して僕にメールしてもらってiPhoneからプリントしたら難なくプリントできました。こうした足下の技術がしっかりしてるからこそiPhoneが選択されるんです。
アップルはiPhone売るために他の製品を作っている気がする。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
88.7 兆円

業績