新着Pick
57Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
売上と営業利益を、昨日の日立建機と比べてみる。カッコ内は前年同期比

<上期>
売上
 コマツ:8925億(-5.3%)
 日立建機:3651億(-6.2%)
営業利益
 コマツ:990億(-21.2%)
 日立建機:160億(-44.7%)
<通期予想>
売上
 コマツ:1兆8800億(-5.0%)
 日立建機:7800億(-4.4%)
営業利益
 コマツ:2210億(-8.7%)
 日立建機:300億(-52.5%)

元の利益率の差もあるが、それにしても売上の変化に対してコマツは営業利益が同じくらいでしか減少していないのが驚異的。下請けへの対応は気になるところだが…あと、コマツはエンジン内製していたり、同じモノを作っている中でバリューチェーンのより多くを内部でやっているので、一般論としては固定比率が高くなる構造。固定比率が高いと売上減少時は利益影響が大きいのが一般論だが、そうなっていないところは強い所。利益率が高い保守部品などが変動しにくいなどあるだろうが、環境が厳しいときでも強い企業(株価は環境に影響をもちろん受けるが…)。

<追記>King HIDIEさんが書かれているアフターに関して。何をアフターとするのか会社次第なところがある。鉱山機械はアフターが多いとか特徴はあるのだが、実態としてはここまでの差はないと思っている。
もちろんアフター比率は利益面での耐性として重要なのだが、今回の決算は売上減少が両社そこまで差がない。アフターがコマツの方が多いとすれば、ハード売上はコマツの方が若干大きく落ちている可能性はあるが、それでもコマツの減益率の小ささも驚きだし、日立建機の減益率の大きさも驚き。<追記終>
アフターサービスの比率はコマツと日立建機で結構違います。やっぱり鉱山機械の世界ではCaterpillarとKomatsuが2大巨頭で、あとはその他大勢という位置づけ。しっかり機械のメンテナンスをする鉱山事業者を客としてつかまえている。この状況でもコマツは一部で販売価格を引き上げているしね。

ちなみにこういう時にシェアを追うと、払えない客が増えて大変なことになりかねないです。大手鉱山事業者をがっちり抱え込んで、次に投資が上向いた時にそれをしっかりつかまえる財務力を貯めこんでおくことが重要です。コマツはFCFはたんまり出ているのでこういう時こそ自社株か技術を買うための買収をやって欲しい。
特に建設・不動産関連がひどいのだろうけど、ここまでの落ち込みは中国のB to B市場全般に非常に厳しいですね。昨日のアップルの決算を見ても中国はB to CとB to Bのかい離がとても大きくなっている。
コマツといえばKOMTRAXだが、さらに進んだ「KomConnect」サービスの運用を先月より開始している。ICT建機に搭載されたステレオカメラが車体周辺の地形形状を常に高速、高精度に計測。これで施工現場を3次元データで掌握する。IOTのモデルケースとしても注目される。Katoさんのコメントにもありますが、コマツの強さはこうした弛まぬ努力が強さの要因かと。
○コマツ スマートコンストラクション
http://smartconstruction.komatsu.co.jp/
建機ってこんなにダイレクトに影響受けるんですね。建築用と鉱山用はまた全然違うんでしょうか。
株式会社小松製作所(こまつせいさくしょ)は、東京都港区に本社を置く、日本の建設機械・鉱山機械のメーカー。呼称としてカタカナ表記のコマツを用いている。英表記はKOMATSUである。創業者は竹内明太郎。TOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.48 兆円

業績