新着Pick
55Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
お、すごい。高校の一つ先輩だ
ちょっと前に「ロボアドバイザー」を紹介したブログにコメントしましたがアメリカでも一つの流れのようです
http://jp.techcrunch.com/2015/10/26/wealthnavi/
正式版リリース前とのことで、サイトは5個の質問に答えてポートフォリオ提案をするだけのもの。その時点での6億円調達ってのもすごい
他の記事のインタビューも見ましたが、起業にあたってプログラミングを覚えたとのこと。その辺の本気度も評価されたのでしょうね
資産運用系で低コストを売りにするネットビジネスは10年単位で赤字が続く傾向がある(例 セゾン投信やライフネット生命)

理由は、顧客獲得コスト(CPO)が客単価(LTV)を上回る逆ザヤ構造になりがちだから。

FinTechブームの中には、事業構造上、儲かる会社と儲かりようがない会社が玉石混合だが、CPOとLTVの関係を見ればシンプルに見極め可能。

なお、オンライン金融ベンチャーで短期に契約額を800億円以上を集めたアブラハムによくVCがその秘密を聞きに来るが、答えは、過去実績。

"過去10年以上の実績ある世界で評価の確立している著名ヘッジファンド"を扱い、個人顧客を実際に儲けさたからに尽きる。シュミレーションではなく、本物の数字しか、人は信用してくれない。
参考:アブラハムのビジネスモデル
http://abraham-bank.co.jp/service/index.html

ロボアドバイザーも、いまから始めて、10年くらい実績を出せば、お金が集まるとは思うが、それまでは厳しいと見ている。

どなたかも書かれているように競合の「お金のデザイン」も手数料1%、「ウェルスナビ」も手数料1%、どちらも助言実績・運用実績がない中、イメージと価格競争しかなくなると、この手数料を削るしかなくなる。
今まで富裕層に閉じていた資産運用が、人工知能によって一般層に解放される これはとてもいい流れ
「お金のデザイン」(①)と同様に見える。ただ、運用資産に対して1%のフィーは高い気がする…PB業務で1000万円の資産の顧客に対して1%のフィーであれば年間10万円となるが、そういった顧客を1万人集めれば10億円でコストメリットが一気に効く。HPでシミュレーションしたがポートフォリオはETFで推奨されるので、そこに1%の付加価値は自分には見出せない。お金のデザインも1%なので、ここは将来確実に価格競争になって一気に下がると思うし、そこで勝ち抜ける体制を先に作った会社が規模のメリットで勝つ業界だと思う。そういう意味ではすでにキャッシュフローがある会社が、Amazon的な投資勝負をして勝ちにいけそうなエリアだと思う。昔のネット銀行(結局今もネット銀行専業は少なく、銀行系か証券系)と同じような状況になると思う。
あと、分散ポートフォリオが推奨される中で、現金が推奨ポートフォリオになかったのは気になった(金とか不動産のETFは入っていた)。全体のリスク・リターンあげるためには現金は絶対的に一定必要。
https://newspicks.com/news/721641?ref=user_100438
http://s.nikkei.com/1P1z7Wc

※下記記事にしたコメントからコピー
https://newspicks.com/news/1221731?ref=timeline_100438
一般大衆層は、証券会社で人件費のかかる担当営業についてもほぼ無意味か食い物にされるだけ。なぜかというと彼らは貧乏人に時間を割きたくないから。証券会社、エンドユーザ双方にとって、ロボアドバイザの利用はメリットが大きい
メモ 金融は素人とプロの知識のギャップが大きい、こういう部分こそ技術でカバーしてもらえるのはありがたい
みずほキャピタル株式会社(英称:Mizuho Capital Co., Ltd.)は、みずほフィナンシャルグループ傘下のベンチャーキャピタルである。みずほ銀行ほかみずほグループ系企業を主要株主とする。 ウィキペディア

業績

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(みついすみともフィナンシャルグループ、英語: Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc.)は、三井住友銀行(SMBC、都市銀行)、三井住友カード(クレジットカード会社)、三井住友ファイナンス&リース、日本総合研究所、SMBC日興証券を傘下に置く金融持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.86 兆円

業績

グリー株式会社(英語: GREE, Inc.)は、日本のインターネット企業である。ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の「GREE」を運営し、事業の中核としている。 ウィキペディア
時価総額
1,165 億円

業績