バナーテンプレート.001

侍ジャパンRe:birth【第15話】

投手の肩、肘への負担対策は個人任せ。侍Jに必要な「配慮と検証」

2015/10/17

侍ジャパンを率いる小久保裕紀監督に今月9日、記者会見で質問を投げかけると、壇上の指揮官は言葉を選ぶように紡いでいった。おそらく、想定外の問いだっただろう。

政治の記者会見、あるいはスポーツでもインタビューの際に事前に質問事項の提出を求められることもまれにあるが、ジャーナリストと取材対象者の関係として「健全」とは言えない。

なぜなら、質問する側が知りたいのは用意された建前ではなく、本音だからだ。必ずしも胸の内を明かしてくれるとは言えない一方、いかに本心に近い回答を引き出すかが質問者にとって腕の見せどころになる。

また、答えづらいような問いにどう対処するかで、取材を受ける側の力量を計ることもできる。逆に言えば、回答者はどんな答えを示すかで器量を伝えることになるのだ。

誰も挙手しない記者陣

今月9日、「野球国力世界一」を懸けて翌月に日本と台湾で開催される「WBSC世界野球プレミア12」の侍ジャパン代表28選手が発表された。

記者会見の冒頭でメンバーが読み上げられ、テレビ局の代表質問が終わるとペン記者の質疑応答に移った。

ところが、会見に出席した運動記者クラブおよびインターネットメディアは総じてフリーズしたかのように動かない。筆者の用意した質問は答えにくいだろうと想像していたため、機を見て挙手しようと考えていたが、1番手として小久保監督に投げかけることにした。

「選出されたのはシーズンで多くのイニングを投げたピッチャーばかりだと思いますが、侍ジャパンの試合で投げることで肩や肘への負担が必然的に出てきます。そこをどう考慮しながら、世界一を目指しますか。それとプレミア12で投げることでの負担が今後、どういう影響が出てくるか、小久保監督か侍ジャパンが検証していくことはありますか」

選出13投手のうち9人が先発投手

小久保監督は「えぇー」と言うわずかの間に頭を回転させ、即座に回答した。

「負担という点に関しては、(シーズンで)先発した投手を9名入れています。実際、(プレミア12では)予選が5試合という中で、中4日、5日で回すようなローテーションを組まないように考えています。そのために1シーズン、チームの中心として戦ってきたピッチャーに、その1試合を託そうという思いのメンバー編成にしています」

1つ目の質問にそう答えると、続けて2つ目の回答に移った。