新着Pick
318Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
農業も漁業もこれからの成長産業。

半導体工場がどんどん野菜工場になる。クリーンルーム管理と、野菜管理は似ている。

富士通の会津工場の野菜を食べたが美味しかった。あと、ロームのイチゴ。洗わなくていいのがポイントで、野菜本来の味がわかる。値段は2倍はするが、成分をコントールできるので、腎臓病の人には凄くいい。

台風や水害で、野菜や果物がだめになるのを見て心が痛むが、半導体工場に入れれば、関係ない。TPPを機に、輸出して競争力をつけ、成長に寄与する。

IOTは、いろんな産業、意外な業種と掛け算でみると面白い。そこにチャンスがある。
センシングによる制御とデータ蓄積だけではダメだ。一作一年、長いものでは数年という農業のリードタイムの中で高速PDCAを回すためには、複数農家の共創により時間を買うしかない。100の農家のコンソーシアムの中で、例えば1農家がデータを提供することで99のデータを得られるような交換原則を作る必要がある。
まだ栽培に関する基本情報という段階だが、同品質の商品を大量生産しても日本ではたかが知れている。品質向上のためのデータ分析や、高価格で取引される栽培時期の予測など、ビックデータ活用で生産品に様々な付加価値がつくようになれば、ビジネス農業の展開に期待がもてる。

そういう意味では、天候を考慮した効率的な消毒のタイミングや土壌に適した肥料の微調整など、既存生産者の勘やコツなど、低コスト、高品質に資する繊細なエッセンスのデータ化も極めて重要となる。

また、施設園芸であれば、廃校利用や再生可能エネルギーの有効活用、気候に左右されず土壌特性とマッチングした農産物の新規生産や、一体的6次化ビジネス創出など、農業IoTの進化は様々なビジネス展開つながる。

人が生きていくうえで、食のビジネスは消滅しないはずであり、むしろ多様な新ビジネス成長の牽引役となることに期待したい。
農業×テクノロジーはこれから新しいものが出てくる分野。
以前、農業を営む方に、このようなお話を伺ったことがあります。

「農家としては、不作でも困るし、出来すぎても困る。」

素人考えでは、不作は理解でき、出来すぎたところで出荷単価は下がることも理解できます。
ただ、その方が仰っていたのは、出来すぎてしまうと既存の出荷先以外の販路を見つけなければならず、それが大変だということでした。

そのため、テクノロジーを用いて、毎年同じ量、同じ質のものができることがベストと仰っていました。

農業分野では、作物の管理だけではなく、農業に携わる人の管理にも使われる場面も出て来ているようで、注目しています。
野菜工場は採算が合わない。そこに未来はない。
IoTを活用した新しい農業、agritechは可能性がいくらでもあるけどね。
ITによって生産の再現性が高まりました。今後地方の土地価格が下がる事で、農業✕外食✕宿泊などの体験型施設は益々増えると思います。しかもこの展開の営業利益率が15%くらいと収益性も良いです。
オランダのフードバレーみたいなエコシステムがあるといいな。

新潟は農業特区なのに、盛り上がらんなあ・・・
第一次産業は個人的には介護業界と並んで劇的な変化に最も期待している業界です。

農業の良い面は伸ばし、不利な所は改善されることで、結果的に消費者は大きな恩恵を受けるだけでなく、第一次産業で働く人が増えることが大いに期待できると思います。

別記事で紹介されていたスタバの離職率が低いのと同様に、最先端技術を駆使するカッコいい農業の様なイメージが広まるのにはIOTなどの技術は優秀な人材を集め、定着させるにもプラスに働くと思います。
たいした知識ないけど、これから農業はさらに劇的な進化をしていくと思う。
素のIoT Platformを活かすことができるベンダーが少ないため、業種特化型の製品が出てくるのは当然の流れ。

ただ、IoTの見識者からすると、本来であれば汎用的に利用することができるPlatformを業種、業態特化に限定してしまうのは勿体なく感じてしまう。
幕張メッセ(まくはりメッセ、Makuhari Messe)は、千葉県千葉市美浜区にある大型の会議・展示施設。また、株式会社幕張メッセはこれを運営する企業である。 ウィキペディア

業績