新着Pick
232Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
そもそも見習えと思っていたわけではないが、一方でそこまで否定するほどでもないと思う。コメント欄含めて、少し過度に「ドイツ見習うべきでない」という方向に触れすぎている気もするので、あえてコメントする。
再エネに関して、日本のFITは、自分は大罪だと思っている。ただそれは特に価格設計の部分で、ドイツの先行した失敗事例があったから。ドイツは事例がある前にやったという点で、その時点でそこまでソーラーのコストが急下落すると想定できていた人もいないと思う。また下がった後に、価格設計を変えるなどしている。
移民に関しても、ドイツ語は英語と違い、ポピュラーな言語ではないという点で日本語と一緒。もちろん移民に対するポリシーの違いはあろうが、移民を吸引できている力は正直すごいと思う。今、日本がポリシーを変えたとして、実際どれだけ移民を吸引できるだろうか?人口及びその構成は、経済に多大なる影響を及ぼす(アメリカの強さの源泉は移民がコンスタントに入り続ける点)。
政治を自国民の反映のための外交的戦争と考えれば、ユーロ統合によって自国通貨が相対的に安い状況を作っているのは、国民からすれば極めて強い政府でもある。もちろん、その代償に関して考慮すべきだが、アベノミクスで円安になって競争力が相対的に下がった韓国がかわいそうという議論がでるかというとそうではない。
人気 Picker
特にエネルギー政策についてはドイツ見習え論が強いのですが、私自身は、ドイツのエネルギー政策を日本が見習う、真似することはできないとずっと主張してきました。(お時間あればぜひ)
http://ieei.or.jp/author/takeuchi-sumiko/

以前、イギリスの研究者にドイツのエネルギー政策をどう見るか聞いたところ「我々はあんな呑気なことを言っている余裕はない」の一言であったことを思い出します。
三好さんがおっしゃる「夢見る政治が引き起こす混乱」という言葉にはまさに同意します。
「夢見る政治の国」を「夢見る政治・夢見る国民の国」が見習えば、それは恐ろしい事態になります。
そんなに見習おう、という声も聞いたことなかったのですが、
・原発からの脱却で電力不足になり、隣国のフランスから「原発」電力を購入している
・景気についてはユーロの恩恵を最大限に受けており、その副作用は他国に
・歴史認識は、相手する近隣諸国の違い。過ちを認めた事のレベルに大差はない
と言われているので、日本がマネしたくてもマネできないことばかり。そしてその形も理想形ではない、と思います。

(追記)
zetumuさん>ご指摘ありがとうございます!おっしゃる通りで、私の理解不足です。書き方としては「融通」の方がよかったですね。どちらにしても隣国が全て海に囲まれている日本は、原発の良し・悪しではなく、安定した電力共有のためにどうするか、を考えるべきだと思い、ドイツが必ずしも日本の理想形ではないと感じました。
おそらく、どこの国、ではなくどの国のどの産業のどの部分がお手本になるか、を論調として考えなければならないのですが、その部分はマスメディアの限界も感じます。
非常に重要な論点.しかも日本は一度ドイツ理想視で痛い目見てるんだが。。。ドイツに限らずまぁ隣の芝は青く見えるわけで。。。北欧の理想化なども相対的に見て行く必要があるだろう.
竹内純子さんのコメントに関して私なりに付言すると、エネルギー政策でドイツから見習うべきは、「2022年脱原子力・2050年再エネ80%化」ではなく、これまで15年間にわたる電力自由化・再エネ導入促進策によって、電力コストがどの程度上がってきたか、それによって電力コスト面で欧州・欧米内でどのような位置付けになっているか等々、教訓とすべき点であると強く思う。

私は今年3月にドイツ現地調査を行ったレポートは以下のURLで、ご関心があれば是非とのご一読を。
http://blog.livedoor.jp/kasumigaseki_soken/archives/43381363.html
http://www.slideshare.net/KasuoIshikawa/edit_my_uploads
よく書かれた記事だと思います。
今、ちょうどドイツ滞在中ですが、難民受け入れに対しての意見は、ドイツ人の間でも賛否両論で、はっきりと分かれているようです。
「やはりやりすぎた」、「第2次世界大戦後の、反省の罪の意識をまだ引きずっている」、「欧州のみならず、世界の大国として、果たすべき役割を果たした」などなど。ただ、確実に、記事にもありますが、与党CDUが治める地方都市でもひずみが出てきています。特に、直接的に難民に対応する南部州は、どうも風当たりが強くなってきています。

エネルギー・環境問題については、竹内純子さんが詳しく書かれているので、ここでは詳説しませんが、原発を2022年までにゼロにする決定をして、そのころの日本の与党、民主党は、ドイツにできるなら日本も!となったわけですが、結果、ドイツでは電気代・エネルギー代の負担が家計を圧迫し始め、ドイツの政治の中では、やはり原発も安全上問題がないものは使うべきという意見も出だしました。また、エネルギーの需要と供給のギャップを埋めるために、ドイツが用いているのが、環境先進国にはあるまじき(と彼らが過去に他国に言っていたように)石炭への回帰です。隣国ポーランドを一時、石炭の割合が高すぎると圧力をかけて”脅して”いたのですが。。。。日本も、高効率石炭火力を、大事なオプションとして使ってはどうか?という議論もありますが、批判はあれども、一応、公に発言しています。

あと最近、欧州において目立ち始めてきたと指摘されているのが、ドイツの倫理・正義感の押しつけでしょうか。

私個人としては、ドイツは好きな国の部類に入りますが、日本ほど成熟している文化を持つ国が、盲目的にお手本にできるかといえば、決してそうはならないと思います。
脱原発論者やドイツの戦後処理を見習えみたいに言う一部左翼を除く普通の人の間でドイツを理想化する傾向なんてありますかね。ドイツブランドに対する信頼はあっても理想化はあんまりしてないと。韓国人はかなりのドイツフェチなんでそれと特にそれと比較するとあんまりないんじゃないかな。いいところは当然あるんで、そこを吸収すればいいんじゃないの。結構民族気質似ているとい思うんでね。
ドイツ見習え論は初耳だが、今回の難民問題に関してはドイツの初期の判断を賞賛する声が確かにあった。
だから日本も受け入れるべきだ、と。
しかしこの記事にもあるように、予想を上回る流入数に慌てて門戸を閉ざし、国内では反対派の声が大きくなりつつある。

難民問題において、日本人はとかく感情的にものを言い過ぎだし、受け入れるべきだと声高に言う人ほど、実際にシリア人が自分の街に溢れた時のことを想像できていない。治安が云々などと馬鹿げたことは言わないが、それまで全く触れたこともない文化や習慣、思考を持った人達が隣人になることへの自然な拒否反応は、誰しもそうなってみて初めて気がつく。
反韓、反中、反露の次は反独ですか。。。
内容は現在の日本政府政策を肯定するためにドイツをダシにしただけです。
「ドイツに見習う」というより、「ドイツのチャレンジをどう自分たちは読み替えてチャレンジするか」という姿勢の方が健全。

ドイツのIndustry 4.0はどこまで進んでいるのか、脱原発は本当に出来るのか?そして、VWの排ガス検証操作によって、世界はこれらの取り組みに疑問を呈し始めている。

私としては、色々諸問題はあるけど、立てた旗印自体はいずれにしても、チャレンジしなくてはいけないテーマ。プロセスで紆余曲折あるが、ドイツの取り組みを応援したい。

例えば、GEがインダストリアル・インターネットの取り組みをスタートしたのは、シーメンス・ボッシュ・SAPといったドイツ企業の取り組みに、取り残されてはいけないという意識が働いたから。

脱原発は、太陽光発電の取り組みを世界的に進めた。Go Bustの時期もあったのは事実だが、イーロンマスクのソーラーシティ事業などもこれによって立ち上がってきた。もちろん、国の補助があって初めて成り立っている状態には変わりがないのだが。