新着Pick
1128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
社会から外れた人のセーフティネットと、ネット時代の新たな教育という二つの文脈がある意欲的な取り組み。感覚論ですがドワンゴ単独よりも、角川とくっついたことで認可も取りやすくなったのでは、という気もしてそんな統合効果もあるのか、と感心
「ほかにやる人がいないからやる」というのもかっこよい。上場企業としてどうなんだという議論はあるかもだが、それも含めてブランドになっていくようにも思う
そして何より、発表に間髪いれないタイミングでの長編インタビューを仕掛けているNP編集部すげー
「学校になじめない生徒は、リアルな対面コミュニケーションが不得意なだけ」に同感。
「会社で出世してない社員は、今の社会で稼ぐのが不得意なだけ。」ネットも含めた未来を先取りして学べばチャンスはいくらでもある。
学校が生徒を育てるように会社が社会人を育てるが、いずれも逃げと出会いの場を与えるから、勝手に育てという感じかな?
日本の一番の弱点は教育の一律性が強すぎること。教育に多様性を持たせることはこれからの日本に必須。そこに挑戦します。
ネット高校、絶対あり!じゃあリアルコミュニケーションは育めるの?記事にもあるように一般の通信制高校の課題はまさにそれ。ネットならすぐに友達もできる。昨年、ヨーロッパのビジネススクールをいろいろまわる機会があった。彼らはネットでのインタラクティブなクラスを普通に提供していて、学生の満足度も極めて高い。コツを聞いてみたら、入学後の1.2週間だけは、合宿形式のリアルで徹底的に人間関係を作るとのこと。こういう取り組みをイメージたけて批判してはだめ。
まあ、私は高校そのものがもう必要ないと思ってるけど過渡的な段階としてあってもいいとは思う
ものすごく感動した。
とても本質的だと思います。このような姿勢で事業に取り組みたいです。
昨日もコメントしたが、現実論としては慎重に、過剰評価せず見たい。でもとても共感するし、この取組が成功してほしいと思うのは「居場所を作る」という点。意義を持つ、楽しいと思う、それがあるだけで取り組み方が変わるし成長が変わる。そのために居場所は確実に必要。
ビジネス面でいうと、この取組やリクルートの受験サプリとかは、明らかにゲームチェンジャーだと思う。100人は先生がやるのもネットでやるのも同じかもしれないが、40人だと先生でやる方がいいと個人的には思う。ただ、それは授業という一部分だけであって、課題など色々なものを組み合わせると、自分のペースで進められるという点で40人の方が「自分にとって良い授業」を作れる可能性は高いと思う。
そして、昨日の記事で「生徒1万人」という話が出てきたが、そこがビジネスとしては肝。ビデオ・ネットベースであれば、生徒数が増えても固定費が変わらない。なので、授業やカリキュラムを作れる良い先生に高給を払っても十分回収できる。一方で生徒としてはこれまでより高品質の授業を安く受けられる。
一番のハードルは、これまでの固定観念。ネット関連、固定観念で普及しないと思っていたものが、普及していない物もあるが、普及してもいる。そこが最初に超えなくてはいけないところ。ブランディング的には、ドワンゴ・角川以外に、どこか進学校のサポートを得られれば、そこのハードルを越えていけるかもと思うところ。
長いですが、今回の教育事業の参入について川上さんの考えが良くわかるインタビュー。特に生徒同士のコミュニティ作りはドワンゴだからこそ出せる価値がありそう。「生徒たちには「未来の学校にいるんだ」というプライドを持てる高校にしたい」「最初から東大の合格者を出す」期待が膨らみます。
川上さんの「コンテンツの秘密」を読むと、エンターテイメントと教育が先で交わることまで想像して始めた事業だと思う。楽しみ。
「仕事の価値は、他人の人生を変えた数で決まる」という思いは、一人一人働く人にとって大事ですね。昨日の記事で、一定年収までは、年収と幸せは比例するが、それ以上は相関がないとのことでした。どのような思いで、仕事をするか?ということが幸せにつながりますね。

あと、今後の教育システムをはじめとする社会インフラは、最初にネットありきで作り直した方がいいですね。通信制高校ではなく、ネットの高校ですね。