新着Pick
220Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
杭を施工したのは下請けの旭化成建材という発表がされた。今後、旭化成建材が杭工事に関わった物件につてい過去10年分、データの差し替えがなかったかなど調査されるとのこと。今回のマンションが氷山の一角でないことを願いたい。
でかい会社だから、最悪、新しいのをぼーんと建ててくれるだろうな。改ざんはかなり悪質だけど、今回は施工業者側からどんどん情報がでてくる。クライシスコミュニケーションもしっかり。何年か前のアネハ事件はデベも潰れ、本人は自殺。泣くのは住民。
恣意的でないとすると、このレベルのミスが通るプロセスは異常だし、恣意的だとすると安全面を軽視した恐ろしいモラルハザード。

お客様からの指摘で発覚したことや、別の業者でも以前あったということで、氷山の一角の可能性も出てきている。

VWを含め、企業ガバナンスの危機だと思う。沢山の人が知り得た話なのに、規制を抜け何年も経って発覚。一部の人の倫理道徳の問題なら良いが、競争激化、コスト圧縮圧力等、倫理道徳を超えた力が企業環境全体に働いていると感じざるを得ない。
これは人命に関わる件だから悪質だよね
「知っていたのか?」「はい」「なんで言わなかったんだ!」「言おうとしました」「なんで言わなかったんだ!」「聞こうとしてくれなかったじゃないですか」「だとしてもこんな大事なことちゃんと報告すべきだろう!」「申し訳ございません」とかだったら可哀想だなー。そんなことないか。
昨晩のニュース番組で、コメンテイターが「規制緩和のせいだ」と主張していた。民間の不祥事の解決をすぐお上に頼る風潮は、事件のたびに霞が関を喜ばせる。
データ改竄の責任追及とカタマン(傾きマンション)の補修・立て替えは、別の問題。しかし、このところの日本企業の体たらくはどうしたことか。商品設計と生産過程での工程管理と品質保証における、驚くべき経営の劣化は、ガバナンス問題として一括せず、個々にその原因と対策を考えていくしかない。
現場が複雑な地盤だったなどという言い訳は通用しない。個人住宅であれば、購入者は恐らく生涯最大の買い物をするのだから、安全面における軟弱地盤への対策については、コストとともに十分説明したうえで決定してもらうべき。まして記録改ざんとなれば、生命・財産に重要な影響を及ぼす重大な詐欺事件である。
土地の評価に地盤情報が加わるほうが、建物コストだけでなく、地震による液状化などのリスクも含めて、見えない情報の可視化につながるかもしれない。
ビー玉の需要が一気に高まりそうですね。少なくともゴルフのすり減ったボールは持っておく価値がありそうです。
住宅ブームのころは、テレビのワイドショーで連日欠陥住宅を取り上げていましたね。今に始まったことではないのでしょう
三井不動産株式会社(みつい ふどうさん、英称:Mitsui Fudosan Co., Ltd.)は東京都に本社を置く日本最大手の不動産会社である。戦後一貫して不動産業界において売上1位に君臨している。三井住友銀行、三井物産と共に三井グループの御三家である。 ウィキペディア
時価総額
2.43 兆円

業績

旭化成株式会社(あさひかせい)は、化学、繊維、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、医療等の事業を行う日本の会社である。東京都千代田区神田神保町に本社を置く。戦前は日窒コンツェルンの一部だったが日本の敗戦にともなう財閥解体により資本関係が絶たれ、1946年4月に日窒化学が旭化成工業(株)と改名して独立企業体として誕生した。 ウィキペディア
時価総額
1.34 兆円

業績