新着Pick
207Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
勘違いされる方がいるかもしれないので一応。これは、情報を提示したり、カメラで外を撮影したりするような端末ではありません。眼電位や加速度などを計測して、これをかけている人の状態を測ってくれるセンサです。これにより目の疲れなどが数値化できると、疲労が溜まりにくいような働き方ができるようになるかもしれません。目は口ほどに物を言うので、ここから新しい知見も得られるものと思います。
メガネはこれまでも皮膚に密着しているデバイスなので、かけ慣れている人には違和感なく使えるウェアラブルデバイスと言えるかもしれません
JINSの意欲的な取り組みを支持したい。「やってみなければ、わからない」。確かにそう言うものですよね。でも、明らかに、メガネはウエラブルの中では腕時計に次いで装着率が高い。必ず何かが生まれると思います。

経営者は、方向感覚が重要です。良い方向だと思います。思考錯誤しながら、軌道修正・進化すれば良いと思います。応援しています。僕もメガネは、JINSです。
「販売目標、まったく分からない」が素直でむしろ好感が持てます
疲れを測るものは従来から発表されていたもの。
4万弱ということでやはりそこそこしますね。物流会社のドライバーの眠気測定とかに使われるかも、と思いましたがちょっと高そう。不謹慎ですが深夜バスのように大きな事故があったりすると一気に普及するかもですが。
もう一点加速度・角速度センサーを内蔵したスポーツ用もあるようですが、こちらはメガネである理由がほとんどない気がします。体でなく頭部の動きを測定することが重要というロジックがセットで必要ですね
「まったく分からない」
要するに彼らもこれで黒字とかではなく、トライの企画でそれを実現させる懐の深さは感じました。

個人的には体調管理は目線までは不要ですかね(^^;
腕時計型でいったん間に合ってますし、メガネとしては腕時計以上にファッション性が問われますので。。
表参道ヒルズで行われた昨日の記者会見には、ピッカーの為末大さんがゲスト登壇してました。僕はプレス席で「全く分からない」の発言に席から滑り落ちそうになってましたよ。
正直な経営者だと思うが、少々正直過ぎるような気がする。

>販売目標について田中社長は「まったく分からない。販売>していく過程で顧客のフィードバックを受けてより良い製>品開発を進めていきたい」と語った。
米国出店。中国好調。製品ではイノベーションに挑戦。友人として田中社長の業界改革に期待しています。
「まったく分からない」いいね!
個人的には、このようなトライを沢山打ち出す会社さんが好きです。画像を見ましたが、「見た目は普通のメガネと変わらない」というのはウェアラブルで非常に大切だと思います。
"私"を見るというのが東洋ぽい
株式会社ジンズ(JINS Inc.)は、群馬県前橋市と東京都千代田区に本社を置くメガネチェーン店「JINS」(ジンズ、ロゴ表記はJ!NS)などを運営する企業。ショッピングセンターや駅ビルを中心に2016年8月末時点で全国307店舗、中国86店舗、米国1店舗(その後ショッピングモールに3店舗出店)、台湾8店舗を展開している。 ウィキペディア
時価総額
1,746 億円

業績