新着Pick
512Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
義務教育の話ではなく、エリート教育の話。
スイス・ドイツの実務教育の内容が気になるものの失業率が単純に低いということであって教育の成果なんでしょうか。
小学校時代に夢中になったイギリスのボーディングスクールの話が、イギリス育ちの子から全寮制は「私学のお金持ちの子が行く学校の話だよ」と聞いた時は非常にがっかりした記憶があります。
大学がグローバルとローカルで分れるのと同様、先々の活躍の仕方によって教育もバラエティに富む。軽井沢のISAKは真の多様性を目指すため奨学金枠を充実させたいと小林りんさんが話していたのがあらためてじんわりくる。
「強いリーダー」を生み出すという観点では、ボーディングスクールを代表とした、早期選抜のエリート教育は効率的かもしれない。ただ、強いリーダーが力を発揮するためには、社会がそのエリート教育を受容する必要があり、日本は本当にそれを望んでいるのだろうか?
あと「自分ゴト」という観点では、スイス・ドイツの教育動向は気になるところ。大学の価値は下がっていると思っていて、それよりも「手に職」をつけること、そしてその職が誇りを持てること、職を持って自立することが成人としての責任でもあるという点は、個人的には重要だと思う。子供の教育や、高齢者の介護、働けない世代に働くことを求めることに、自分は反対。だからこそ、働ける世代がちゃんと働いて、働けないときにサポートがあり、そして世代間で不公平がないことが、社会として回っていくためには重要だと思っている。学歴と相関が高い職だけが社会的に「よい」とされるのではなく、マイスター制度をはじめ、様々な職に敬意を払い、色々な付加価値の出し方を促進していくような社会制度をすべきだと自分は思っている。
Dilitalizationの進展で、機械が人間を超える・置き換える可能性がある世界が近づいている今、本当に求められる教育は、「社会を豊かにし、個々人が人生を楽しむには何が必要か。自らは何を貢献できるのか」を考えることではないか?

仮に、このような目標をセットしたときに、北欧が導入した「答えのない教育」はある程度応えられそうな気がする。だが、教育の仕組みを「答えのない教育」、「自調自考」にシフトするには、そもそも教育者がマインドセット・振舞いを変える必要がある。成功したと言われる北欧諸国では、どのように教育者側を変えたのか?

あと、個人的に気になるのは、かつてより、英国・米国のボーディング・スクール+リベラルアーツカレッジのセットはエリート育成プログラムとして評価されてきた。この仕組みと、デンマーク・フィンランドが1990年代に導入した「答えのない教育」は同じ効果を狙ったものなのか?

ここら辺は、教育などに精通しているピッカーさんのアドバイス欲しいところ。
イギリスのイートン校を範として作られたのが、全寮制中高一貫の海陽学園。
トヨタ自動車が旗振りをしたので有名です。
多くの注目を集めていますが、成果があらわれるまでは数十年かかるでしょう。
大学進学実績という尺度ではなく、卒業生が実社会でどれだけ活躍できるかが最大の尺度でしょうから。
中学受験では大学進学実績に比重が置かれがちですが、伝統力という指数こそ最重要だと私は思っています。
卒業生がどれだけ実社会で活躍しているかという指数です。
世界で富裕層と呼ばれる人たちが、子どもをボーディングスクールに入学させる理由の一つとして、ネットワーク(人脈)の形成が挙げられます。こちらの記事にも少し書かれていますが、「◯◯のボーディングスクールを卒業した」ということでAlumniネットワークに入り、その中で様々な情報が共有されると聞いたことがあります。そこに価値を見いだす人も多いようです。

日本では、2006年に海陽学園という中高一貫校の全寮制学校が愛知県蒲郡市に設立されました。イギリスのイートン校をモデル校としていて、世界に通じるリーダーの育成を掲げています。
エリート養成なら別に負けてないでしょ。

(開成の学生は世界一、ハーバードよりも優秀
http://toyokeizai.net/articles/-/11766 )

問題はミドルの養成だと思うんだけどなあ。
これだけ世界の教育環境を端的に分かりやすく説明されている記事を初めて読みました。とても勉強になります。

寮生活による人間形成を含めた教育は、中等教育あるいは高等教育の初年次などでの有効性は世界的に見ても、かなりありそうですね。私は米国の大学視察しか経験がありませんが、オーバリン大学に訪れた際、毎週どこかで学生による演奏会が開かれていたり、美術館で気に入った絵があれば借りて部屋に飾ることができると聞いて、そこで過ごす日常すべてが教育になっていることに衝撃を受けました。

日本でも、中等教育では企業が出資した海陽学園が全寮制を取り入れているのはイートン校をモデルにしたと聞いています。高等教育ではICUも寮生活をベースとしていました。学生数が増えて寮生の割合が以前より減っていますが、改めて寮の割合を高めていく方向性のようです。国際教養大学が秋田で描いたものも全寮制によるアメリカのリベラルアーツカレッジをモデルにしていると思います。

ただ、どれも教育業界にインパクトを与えていますが、追随する学校、大学を生み出すまでには至っていません。なぜなら、どの学校、大学も特殊な前提条件を持って設立しており、既存の学校、大学には模倣が難しすぎるのです。

全体として変えていくならば、こうした先進事例をもとに、国として枠組みを動かさなくては難しいと考えられます。だからこそ大前さんのような方に政府の専門委員、特に現在の教育改革の核になっている高大接続特別部会の委員になって頂きたい、そう願います。
文中に出てくる欧米の名門ボーディングは、ハロウがバンコクに、マルボロがジョホールにとアジアの富裕層の子息を取り込むべく、積極的に分校を作っています。日本は大学ですら海外展開が稀で、グローバルのブランディングで大きく遅れています。
高校3年間は寮生活でしたがここで描かれているボーディングスクールのイメージとはだいぶ違いましたね。毎日修学旅行みたいなもんなんで、滅茶苦茶楽しかったですけどね。
大変よく整理されていて参考になる。
これと、明治や江戸時代の日本、唐の頃の中国の教育も比較してほしい。

特に、日本の明治初期の話は、松元崇さんの本に財務の視点からまとめられていて参考になった。

あとは、いわゆる、理系、文系。

それにしても、今のキャリア官僚が世襲的になって、実力があり権力?もあるのはノンキャリ。いろいろ考えさせられる。