新着Pick

ぐるなびや食べログはもう古い!? 女子大生は「Instagram」(インスタグラム)で 飲食店を探し、雑誌感覚で画像も検索する! - 株ニュースの新解釈

Diamond Online
飲食店情報を検索するとき、皆さんはどうするだろうか? ぐるなびや食べログで検索をする、あるいは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを用いることもよくあるはずだ。ここで、「うんうん、そうそう」と思ったあなたは、おじさん化、おばさん化しつつあるのかもしれない。今回はいまどきの女子大生が「Instagram」を検索エンジン代わりに使っている例をご紹介したい。
886Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白いですね。インスタがカテゴリーポータルや検索エンジンも侵食しているとのこと。それだけ「写真」の情報量は多いということだし、スタンプも含めて非言語コミュニケーション化していくということなんでしょう
わかるなーこれ!彼女たちの世代と話していると、網羅感を伴いつつ構造化されたものや整理されたものにぜーんぜん心地よさを感じてないのよ。経験を友達と共有しながら知恵に育てていくイメージ。凄いなーっておもう。
服は間違いなくInstagramで探してますよね。
飲食はなんだかんだRettyの勢いを感じます。食べログは今は磐石ですが削られる側に回ってますね。
なんか2年くらい前から食べログチームの微妙な違和感を感じます。アプリリニューアルも大炎上してましたし。
>情報が自分たち向けではない、あるいは、自分たち用にカスタマイズされていないことを無意識のうちに不便に思っている

情報を自分向けに振り分けることのできる時代。
では、発信源はどのような工夫をすればいいのでしょうか?
やはり王道は、できる限り多くの情報を入れ込んで検索者の検索スタイルに合わせて表示する方法なのでしょうか?
これその通りです!特に強いのが観光地。インバウンドでもインスタは大活躍しており、ハッシュタグのセンスと写真の質で決まってます。
インスタグラムからeコマースに誘導する仕組みが解禁になって、ソーシャルコマースが海外でも広がっている。文字の情報より、画像の情報が伝わりやすく、信用性高くなる傾向が特に若い世代で広まっているようだ。
テリヤキもよろしくお願います、
インスタのユーザ層がある程度限定的だからでしょうかね。確かに、利用年齢が近いと、例えば同じ焼き肉でも、自分の想定する値段設定に近いところがたくさん引っかかるなどのメリットがありそうです。
インスタ使ってないけど、試しに使ってみようかなぁ。
Instagram、まだ情報量が十分ではないが、結構使えそうですね。しばらくやってみましょう。
確かに最近はLINEとInstagramがコミュニケーションの中心だ(まだまだ若い?)。一方で、仕事の繋がりはLinkedin、プライベートの繋がりはFacebook、備忘録は食べログやswarm、趣味のコミュニティはmixiやTwitter。多岐化であり新旧ではないような。