新着Pick
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「駐在員妻は見た!」は今回で最終回となります。最後を締めくくるのは、インドネシア・ジャカルタ編。著者は、インドネシアで腰を据えて働く事を決意。就活を始めます。そして、得た内定とは? 最後に、長期にわたり、本連載をお読み頂きました読者の皆様、そして、著者の皆さん、本当にありがとうございました!
連載おつでした。でもやっぱフィリピンとかに比べると英語が通じないからコミュニケーションとるのが難しい。かなりメンタル強い人じゃないと厳しい気がこっち来て毎回感じる。でも日本人のマネジメント能力と信頼には定評あるから重宝されるんだよなー。面白い。
現地採用でも日系企業や日本人顧客向けのポジションの場合は、現地の言葉は趣味で習う程度にとどめた方がいい。
読む書く話すを現地ネイティブレベルに持っていくには数年かかる。交渉などで相手の土俵に乗らないためにも付け焼き刃な語学は避けるべき。

完全に現地のローカル企業に務めるのなら現地語+英語は最低条件。
【国際】連載開始当初はあまりおもしろくないなと思って酷評したこともあったけど、最近はおもしろい記事が多くなっていたので連載終了は残念。今回のインドネシアにおける日本人の就職活動体験もおもしろかった。

私自身、海外駐在をしている立場からコメントすると、「海外駐在員」と「現地採用」では待遇がまったく異なる。大企業の「海外駐在員」の場合、基本的には現地法人への出向という形態をとるため、日本の本社と現地法人との間で「出向協定」が締結されているケースがほとんどであると思う。この「出向協定」の中で給与や福利厚生について手厚く保証されているというのが一般的な形態であろう。「現地採用」の場合、現地法人が従業員に対して手厚い給与と福利厚生を保障しているのであれば別だが、日本の本社が保障する給与や福利厚生よりも劣るというのが普通ではないかと思う。そう考えると、日系の大企業で海外駐在をするというのは、国内よりも「おいしい」というのが現実だろう。

もっとも、そうした傾向は日系企業にある程度の「体力」があるから可能なことであって、今後同じような体制を維持できるとは限らない。今後は、日本人駐在員を手厚く保護するよりも現地スタッフの登用を多くすることによって、「現地化」を図ってゆく日系企業が多くなってゆくのではないかと私自身は考えている。

追記:
今回最終回を迎えるのは「駐在員妻は見た」シリーズ全てなのか。途中からサウジアラビア編が完全に更新されなくなったこと、その事実に関して編集部側から特段説明がなかったことが極めて残念でならない。
インドネシアはアジアで最も興味のある国であり、就職にあたっての引き合いの状況、何より年齢に関係なく英語が出来れば相応のスタートができることはとても勇気になりますね。英語は高めておかなければなと。
日系企業はこの駐在員と現地採用の差が激しすぎて各国で苦戦しているみたいですね。
この駐妻は現地で働くと夫の扶養控除から外れるはずだが、ダマでやるのかな?駐妻が扶養から外れると本来は生活に色々支障があるはずだよ。