新着Pick
667Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【予告編 無料】カルビー会長・松本晃さんの半生を本日から16日連続でお届けします。6期連続最高益を更新中。伊藤忠商事、ジョンソン・エンド・ジョンソンでも成功したビジネスの極意はとてもシンプルなものです。本日、第1話を公開。どうぞご期待ください!
コンビニのプライベートブランド戦略を見てると、菓子業界は苦戦してるのだと思ってた。業績が伸びてるのは海外が上手くいってるのか?新しい仕掛けがあるからなのか?興味あり〜!
私がJ&Jに入社した2年前に退任した松本晃社長。
入社後様々な場面で「松本さんがいた頃は・・・」という「松本伝説」を聞く機会がありました。
経営には素人な自分でも「すごい人」だったことは十分に伝わりました。
また私がJ&Jにいた頃には松本さんに引き抜かれた元伊藤忠の方が沢山いましたが、今カルビーには元J&Jの方が沢山いるそうです・・。
すごく楽しみな連載。ニュースピックスは、いい連載を続けるなあ。ライターが友清さんなら、安心して読める!
カルビーでの実績と、それを取り上げたインタビューでの明快な語り口が素晴らしい松本氏。楽しみです
松本さんは、今、日本が切望している経営者像そのもの。どの業種にも応用できる示唆が満載です。

オペレーションズ・リサーチを学んだ経験を、ビジネスに活かされていたとは知りませんでした。学問は、経済学であれ、政治学であれ、数学であれ、役に立たないようで実は役に立ちますよね。
やめることからはじめるのはビジネスの基本。これが分かるまでに何十年も各国かかるとはなんとシンプルで難しいんだろう
とても楽しみな連載、個人的には今月一番楽しみ!これまでもPicksでコメントしてきていて、DHBRの下記記事なども併せて読みたい。
https://newspicks.com/news/445444?ref=user_100438
本日から16日連続でお届けする、カルビー代表取締役会長兼CEO・松本晃さんのイノベーターズ・ライフ。カルビーで就任以降、6年連続最高益を続けるその経営手腕、学生時代からこれまでを語り尽くされています。すごく面白そう。
残業代廃止の視点、すばらしいですね。経費削減という対処療法的発想が多いなか、社員の資質向上の視点から経営改革を行い、結果として給料の倍増という見返りにつなげていく。スタート段階で社員がどこまで理解できていたかは分かりませんが、恐らく社員のコミットメントとともに、更なる業績向上につながっているのでしょう。

あと、経営再建は「やめるとこから始まる」。行政の最も苦手な部分ですね。というより、やめる決断が遅すぎるというのが現実ですが・・。そもそも事業に対する数値目標を明確に設定しないことが原因であり、この記事の全てを見習う必要があります。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
5.36 兆円

業績

カルビー株式会社は、日本のスナック菓子メーカーである。シリアル食品(グラノーラ)なども製造・販売している。 ウィキペディア
時価総額
3,773 億円

業績