新着Pick
241Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にある百度からの要望はスマート箸①。。。電子部品の小型高機能化で、色々ユニークな発想の実現を促しているとは言えるだろう。

TDKはCEATECで、一方で車載産機向けの磁石や電源部品を、一方でICTウェアラブル向けの小型部品を紹介していて、SESUBは後者。半導体埋込基板をこの機能とサイズのパッケージにまとめる技術力は、相当高いと言える。

http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052970203736504580132921828561294
CEATECで、電子部品メーカーがIOT、センサーの開発キットを出していたのが面白かった。メディアテックと同じような戦略。

電子部品インサイド、が、オンサイド、という感じだ。
箸の先端で使うということは、一定の耐熱性と、耐久性なども小型化に併せて必要。
個人的には、部品・素材が強いことは嬉しいのだが、一方で部品・素材が強くなったのは、日本の電機メーカーが強く、面白い最終製品を作るために高水準の要求をしてきたからというのも忘れてはいけない。その結果、部品・素材メーカーの勝ち組は、いま世界で戦えている。ただ、やはりこの歴史を考えると、以下に今世界のメーカーからニーズ吸い上げできていても、強い最終メーカーが国内にいることによる、関連産業が鍛えられるというループは重要で、電機においてはそこが弱まっている気がしてならない。
なお、以前この箸のPickがあった時に「スマート箸を使わないですむ食の安全性が欲しい」といったコメントした記憶がある…緋色さんのリンクも参照。
今年のCEATECは久々に「センサー」系の半導体がフォーカスされた、喜ばしい会、また楽しかったですね!

細かい部分にセンサーを入れるのは日本のメーカーのお家芸ですし、IoTとか、別にインターネットにつながらなくても、単体で十分センサーとの組み合わせで面白い物が生まれると思います。
インターネットにつながるからいい、ではなく、これらのセンサーが活躍していることにスポットが当たるのはいい記事だと思いました。
ゴールドラッシュの時代に「つるはし」業者が一番儲けたと言われるように、"IoTラッシュ"の時代のいま、一番儲かるのはTDKや村田製作所のような部品メーカーなのかもしれない。
緋色さんのリンク先を見ましたが、スマート箸はすごいですね。食の安全性から具体的な製品につながるいい例。既存のデバイスとリンクすれば、もっといろんなことができそうです。こういったイノベーションに、わずか数ミリの部品が貢献する、改めてすごい世界だと実感。
IoTにおいて、覇者(プラットフォーマー)が固まる手前まで、まず儲かるのは、こういう部品屋さんか。一社集中の商売テクニックとはまた違ったロジックが必要そう。
IoTと言ってもハード無くしては実現しない。ハード側からの新しい発想、提案もますます大切になりますね。TDK、村田、アルプス、オムロン、といった企業の成長性には期待してますが、彼らを買収したいと思っている会社も多そう。
ウェアラブル、IOT、この流れが新たな産業を産む。新たな活路を見出すメーカーも出てくるんだろうな。
TDK株式会社(ティーディーケイ、英語: TDK Corporation)は、日本の電気機器製造会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.30 兆円

業績

百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア
時価総額
8.64 兆円

業績