5K4A9699

サムライインキュベート 榊原健太郎CEOインタビュー(後編)

イスラエルで体感した「ユダヤ流天才の創り方」

2015/10/9
日本の若きインキュベーター榊原健太郎氏。現在出資しているスタートアップは100社に上る。その彼がイスラエルに移住して1年半が経った。「イスラエルはスタートアップの中心地になる」とは彼の持論。日本や日本人の枠にとらわれない行動と発想は、日本の経済界からも注目を浴びるようになってきた。榊原氏はイスラエルから何を学び、何を発信して、何を仕掛けていくのか?(聞き手・構成:上野直彦)
前編:世界の潮流が「シリコンバレー」から「イスラエル」に移る7つの理由

「365」という数字の謎?

──サムライインキュベートが出資している会社は全部で100社。内訳を教えてください。

榊原:日本の会社が83社、イスラエルが16社、アメリカが1社です。ほかにも、サムライインキュベートのコワーキングスペースを利用している企業が東京(品川)とテルアビブのオフィス両方で60社以上あります。

──すごい数字ですね。

逆に僕から質問させていただいていいですか。「365」。これは僕にまつわる数字なんですが、いったいなんだと思いますか。

──わかりませんが……。

僕のTOEICの点数です(笑)。厳密にいうと唯一大学時代に受けたときの点数なんですが、今もレベルは変わっていないと思います。この英語力で僕は単身海外へ乗り込んだんです。

榊原健太郎(さかきばら・けんたろう) サムライインキュベートCEO 1974年愛知県名古屋市生まれ。関西大学社会学部卒業。97年、日本光電工業株式会社 入社。2000年アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)入社。01年株式会社インピリック電通(現電通ワンダーマン) 入社。02年アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)復帰。07年 グロービス経営大学院経営研究科入学。08 年株式会社サムライインキュベート設立。主に事業を立ち上げて数カ月以内の、スタートアップといわれるベンチャー起業を包括的に支援する。

榊原健太郎(さかきばら・けんたろう)
サムライインキュベートCEO
1974年愛知県名古屋市生まれ。関西大学社会学部卒業。97年、日本光電工業入社。2000年アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)入社。2001年、インピリック電通(現電通ワンダーマン)入社。2002年、アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)復帰。2007年、グロービス経営大学院経営研究科入学。2008年、サムライインキュベート設立。主に事業を立ち上げて数カ月以内の、スタートアップといわれるベンチャー起業を包括的に支援する。

──前回のインタビューでは、「イスラエルは危険な国」という誤ったイメージが日本にはある、と語っていました。単身で住んでみた実感は?

これも数字で説明しましょう。データを見るとわかるのですが、日本の死亡者数のほうが圧倒的に多い。

イスラエルはテロ事件が多いといわれます。たしかに昨年はIS(イスラミック・ステート)の問題もあり増えましたが、一昨年まではテロの犠牲者はイスラエル含め「全世界」で平均1万5000人です。その一方で、日本には自殺者が約3万人もいます。死亡者数という点で見た場合、どちらの社会のほうが“危険”でしょうか。

また、WHOのデータを見ればわかりますが、成人男性の死亡率もアメリカが142位、日本が175位、イスラエルが183位と、アメリカや日本よりもイスラエルは低いのです。

平均寿命の長さは日本が世界一ですが、イスラエルもWHOの2015年発表では9位に入っています。治安も、深夜に女性が普通に1人で歩いています。

何度失敗しても許される

──榊原さんはイスラエルがスタートアップで成功している最大の特長は何だと考えますか。日本との最大の違いは何でしょうか。

最大の特長は、失敗が許されることです。