侍ジャパン_banner

【第14話】侍ジャパンRe:birth特別編

4番は中田翔より中村、柳田。NP野球執筆陣の選ぶ侍J必勝スタメン

2015/10/8

「野球国力世界一」を懸けて11月に日本と台湾で開催される「WBSC世界野球プレミア12」に出場する日本代表28人が、10月9日に発表される。

1次ラウンドでアメリカ、ドミニカ共和国、メキシコ、ベネズエラ、韓国と対戦する侍ジャパンにとって、ポイントになるのが開幕戦で激突する韓国戦だ。

そこでNewsPicksでは、普段からプロ野球を取材するライター4人が初戦を勝利し、世界一を狙うためのスタメンを考えた。

二層式打線のカギは柳田、秋山

氏原英明の選ぶスタメン>

1(二)山田哲人(S)
 2(右)柳田悠岐(H)
 3(左)糸井嘉男(B’s)
 4(指)中村剛也(L)
 5(一)筒香嘉智(DB)
 6(三)松田宣浩(H)
 7(捕)炭谷銀仁朗(L)
 8(中)秋山翔吾(L)
 9(遊)坂本勇人(G)
 先発投手 武田翔太(H)

※S=ヤクルト、H=ソフトバンク、B’s=オリックス、L=西武、DB=DeNA、G=巨人

<選出理由>

ポイントは2番と7番。このメンバーを見る限りでは、送りバントは捕手陣以外、必要ない。そう考えたときに2番は、打率、出塁率、長打率から考慮して、柳田が妥当。

7番に捕手を置いたのは、ここが打線の切れ目と考えた。8番・秋山を第二の1番打者と考え、坂本、山田と続いていく二層式の打線。

先発投手はシーズン200イニング以上登板の投手に関しては、起用法、選出如何を検討すべき。武田を選んだ理由は、勝っていること、登板数が200イニング未満であること、彼のカーブは初対戦では打ち崩せないだろうと考えた。

武田、大谷翔平(日本ハム)、安定感の菅野智之(巨人)を軸に、小川泰弘(ヤクルト)、西勇輝(オリックス)、黒田博樹(広島)らで回したい。

山田、柳田の3・4番が目玉

田尻耕太郎の選ぶスタメン>

1(左)秋山翔吾(L)
 2(遊)中島卓也(F)
 3(二)山田哲人(S)
 4(中)柳田悠岐(H)
 5(三)松田宣浩(H)
 6(右)糸井嘉男(B’s)
 7(指)筒香嘉智(DB)
 8(捕)炭谷銀仁朗(L)
 9(一)中村晃(H)
 先発投手 大谷翔平(F)

※L=西武、F=日本ハム、S=ヤクルト、H=ソフトバンク、B’s=オリックス、DB=DeNA

<選出理由>

4番には柳田。小久保裕紀監督にこれまで取材をした中で、次代のスーパースター候補としていつも1番手に名前が挙がるのが柳田だ。

ソフトバンクでは主に3番も、あえて「核」に起用。3番・山田との「トリプルスリー」3、4番コンビが今回の侍ジャパンの目玉になる。

また、2番に中島、9番に中村晃。相手が嫌がる野球で、“世界で勝つ”!